深穴掘削機市場、2027年に7億8,410万米ドル到達見込み

深穴掘削機の市場展望-2027

深穴掘削機の市場規模は、2019年に6億1,110万米ドル、2020年から2027年にかけて6.2%のCAGRを記録し、2027年には7億8,410万米ドルに達すると予測されています。深穴掘削機は、深さ対直径(D:d)が10:1以上400:1以下の穴を加工する機械で、自動車部品、医療・手術器具、航空宇宙・防衛関連部品など、様々な産業で使用されていますが、高精度で真直ぐな穴を加工することができます。

深穴加工法は、自動車部品の製造において費用対効果の高い生産方法であり、油圧のシーケンスや潤滑のために複数のオフセンターの穴を持つ、精密な多段変速機の製造を可能にします。

深穴掘削機市場は、医療用インプラントや手術器具の製造に重要な用途があります。医療用インプラントは、重量に対する強度が高く、耐腐食性に優れた特殊な外科用鋼やチタンを使用して製造されます。医療用インプラント業界は、消費者の意識の高まりと様々な革新的製品の導入により、大きく発展しています。

整形外科機器業界の主要メーカーは、これらの機器のコストを削減するために、機器、器具、デリバリーシステムのコモディティ化に注力しています。これにより、深穴掘削機の需要が促進され、市場の成長を後押ししています。

さらに、深穴掘削機には、製造プロセスの効率化を図るための自動化ソリューションが組み込まれています。UNISIG、TBT、Tiefbohrtechnik GmbH + Coなどの深穴掘削機業界の主要プレイヤーは、工場生産の要件を維持するための標準的な自動化ソリューションだけでなく、特殊な自動化ソリューションを提供しています。これが深穴掘削機市場の成長を促進しています。

しかし、熟練労働者の不足や、原材料価格の頻繁な変動が、深穴掘削機市場の成長を妨げると予想されます。これらの機械は操作が難しく、不適切な取り扱いをすると、チューブ内の潤滑剤の流れが不十分なために表面仕上げが悪くなったり、穴の同心度が低下したり、煙や火災の危険性があったり、工具が破損したりする可能性があり、その結果、原材料が無駄になったり、コストが高くなったりします。そのため、熟練労働者の不足が深穴掘削機市場の成長を大きく阻害しています。

また、COVID-19の流行により、米国、イタリア、英国など世界の主要国で深穴掘削機の生産・販売が長期にわたって停止していることも影響しています。これにより、深穴掘削機市場の成長はここ数ヶ月で著しく低下しており、2020年もこの傾向が続くものと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]