クラウドRAN市場、2031年に858億9,970万米ドル規模到達見込み

市場の概要と動向

世界のクラウドRAN(C-RAN)市場は、2021年に111億2,890万米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は23.4%のCAGRで成長し、2031年には858億9,970万米ドル規模に達すると予想されています。

従来の無線アクセスネットワークは、静的な構成を前提に設計されており、静的に展開されます。そのため、時空間的に変化するトラフィック需要に対応することができず、非効率的です。クラウド無線アクセスネットワーク(C-RAN)は、ソフトウェアと仮想化技術に基づく独自の集中型ソリューションであり、旧来のネットワークの難点を効果的に処理することができます。クラウドRANは、ソフトウェアで定義された無線ネットワーク上で高速データ通信だけでなく、ネットワークや無線の優れた適応性を実現します。基地局は物理的に異なる場所に配置されるのではなく、仮想化されるため、このようなアーキテクチャはコストを削減する可能性があります。さらに、従来のネットワークと比較して、エネルギーや電力の消費も少なくなります。

しかし、C-RANの利点には代償がつきものです。C-RANアーキテクチャでは、標準的なバックホール・ネットワークよりも大幅に高い帯域幅を必要とするフロントホール・ネットワークが必要となります。現在の4Gネットワークは、バックホールに1GbEを使用しています。5Gでは、バックホールのリンクレートを10GbEに引き上げる必要があります。セルサイトで複数のRFキャリアや無線を使用するフロントホールは、キャリアの帯域幅の増加に伴い、より大きな帯域幅要件となり、10GbEから100GbEのフロントホール接続への移行を頂点に、大きなコストが追加されます。

5Gセルラーネットワークは、モバイルトラフィックの急増に伴い開発されています。30.6エクサバイトを超えると予測された世界の月間モバイルデータトラフィックを、現在のシステムの約1,000倍のシステムレートにすることで管理します。この広帯域の要求を満たすために必要なセルサイズの縮小により、遠距離アンテナユニットの膨大な設置は、電力消費需要の大幅な増加をもたらします。C-RAN技術は、この影響を低減し、持続的な拡張を可能にし、保守サイトの地理的分散を狭めるために、5Gフロントソールのオプションとして検討されています。

さらに、将来の5GベースのRAU(遠隔収集ユニット)の電力要件は、特に、処理がセントラルオフィスで行われる、ファイバーモバイルのフロントホール上のアナログ無線が考慮される場合、劇的に低下させることができます。この次世代5G技術により、パワーオーバーファイバー技術の新たなアプリケーションニッチが開かれ、将来の5GベースのRAUの一部として低消費電力の簡易アンテナユニットが必要となります。また、一部のRAUをスリープモードに移行する能力を含む、リモートアンテナユニットの消費電力の影響を低減するための様々な省エネ技術とともに、全体のエネルギー節約率は30%以上と見積もられています。これらの要因により、C-RANの市場シェアは拡大することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]