自動車用ヘッドアップディスプレイ市場、2031年に104億米ドル規模到達見込み

市場の概要

自動車用ヘッドアップディスプレイの世界市場は、2021年に10億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は26.7%のCAGRで成長し、2031年には104億米ドル規模に達すると予想されています。

自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)は、ドライバーが運転中に視線を維持できるように搭載されるクリアスクリーンです。結果はプロジェクターに表示され、主にダッシュボードに配置されます。現在、自動車用ヘッドアップディスプレイの斬新なコンセプトを採用しているのは、上位車種となっています。また、セキュリティ面でも優れているため、他の車種にも採用される可能性があります。

自動車用HUDは、ドライバーの視界に入るフロントガラスに、速度、警告信号、その他の重要な車両・ナビゲーション情報を安全に表示することで、ドライバーがより道路に集中できるようにします。また、車載カメラやアダプティブクルーズコントロールと組み合わせることで、車載HUDシステムは最高級の安全システムにランクされると予想されます。現在、多くの車載用HUDシステムが、カメラとGPSを使用して車両を特定し、フロントガラスに画像を投影しています。最新のHUDシステムに搭載された赤外線センサーは、道路上の線を識別し、その実際の位置をスクリーンに映し出すこともあります。

市場の動向

自動車分野における世界の自動車用ヘッドアップディスプレイ市場の主な成長要因としては、ヘッドアップディスプレイのような最先端の安全機能を備えたハイエンドの高級車や中型車に対する需要の増加、政府による強化された安全規制の導入、技術の進歩、自動車生産の有機的増加などが挙げられます。また、自動車用ヘッドアップディスプレイは、走行中の車の状態に関するさまざまな情報をドライバーに提供します。これは、車の整備状態を積極的に把握するための優れた手法であり、オーナーは必要なメンテナンスサービスを期限内に受けることができます。さらに、HUDは車の外観を飛躍的に向上させ、夜間の運転をより安全なものにすることができます。これらの要因が、予測期間中に自動車用ヘッドアップディスプレイ市場の成長を牽引することが予測されています。自動車用ヘッドアップディスプレイ市場は、発展途上国の人々の間でこの技術に関する馴染みがないことが制約要因になると予想されます。また、コストが高く、高級車にしか搭載されていないことも、予測期間中の自動車用ヘッドアップディスプレイ市場の成長を妨げることが予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]