SSL VPN市場、2030年に126億米ドル規模到達見込み

SSL VPN市場の概要

世界のSSL VPN市場は、2020年に46億米ドルの規模に達しました。2021年から2030年にかけて、市場は10.9%のCAGRで成長し、2030年には126億米ドル規模に達すると予想されています。

SSL(Secure Socket Layer)は、標準的なWebブラウザでオンライン対話やデータアクセスを保護するための暗号化プロトコルです。組織のプライバシーやデータのセキュリティは、外部の脅威に対して脆弱であり、ユーザーのWebセキュリティに対する懸念は深刻です。SSLトンネルは、安全なネットワーク上でデータを送信し、データの安全性とセキュリティを向上させます。クライアントレス、シンクライアント、フルネットワークアクセスまたはトンネルモードの3つの方法でアクセスすることができます。エンドポイントセキュリティのコンプライアンス、キャッシュクリーニング、操作性、パフォーマンスの向上は、SSL VPNの特徴のほんの一部に過ぎません。

市場の成長要因及び制約要因

今日の世界では、柔軟で費用対効果の高いセキュリティ・ソリューションへの需要が高まっており、特にITソフトウェア業界では、SSL VPNの需要を後押ししています。さらに、製品の性能の向上や使い勝手の良さが、幅広いエンドユーザーにSSL VPNを導入する原動力となっています。しかし、エンドポイントデバイスにホストセキュリティソフトウェアがインストールされていないことや、SSLプロトコルが外部の脅威に対して脆弱であることが、SSL VPN市場の成長を制約しています。一方、接続技術の急速な進歩や、エンドユーザーによるクラウドベースのSSLソリューションの統合による全体的なパフォーマンスの向上が、市場の成長を促進すると予想されています。さらに、銀行や政府機関など、さまざまな業界におけるクラウドベースの運用の増加は、SSL VPN市場に新たな成長機会を提供すると予想されています。

SSL VPN市場のセグメント

SSL VPN市場は、コンポーネント、リモートアクセスのモード、企業規模、地域に基づいてセグメント化されています。コンポーネントに基づいて、市場はソフトウェアとサービスに細分化されています。リモートアクセスのモードに基づいて、市場はトンネル、シンクライアント、クライアントレスモードに細分化されています。企業規模に基づいて、市場は大企業と中小企業にセグメント化されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋地域、LAMEAに区分されています。

COVID-19の市場への影響

COVID-19の発生はSSL VPN市場に大きな影響を与え、テレワーク、在宅勤務、リモートワークの増加によりSSL VPNの需要が急増しています。また、サイバー犯罪の増加に伴い、ワンタイムパスワードの組み込みやサードパーティによる多要素認証、アプリケーション層ファイアウォールによる保護など、目的に応じたプラットフォームが搭載されるようになりました。そのため、SSL VPNの需要が高まり、市場の拡大をもたらしました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]