光学コーティング市場、2030年に240億米ドル規模到達見込み

光学コーティングの市場概要

光学コーティングの世界市場は、2020年に118億米ドルの規模に達しました。2021年から2030年にかけて、市場は7.41%のCAGRで成長し、2030年には240億米ドル規模に達すると予想されています。

様々な薄膜層が融合して光学コーティングを形成し、反射効果を生み出し、光学系内の透過または反射特性を向上させます。光学コーティングは、金属、酸化物、レアアースなどさまざまな材料から製造され、光学部品表面に塗布されます。コーティングは、光特性を改善し、極端な環境条件から光特性を保護します。コーティングの層数、各層の厚み、層界面の屈折率の違いが、光学コーティングの性能を表します。光学コーティングは、反射特性に加えて、ガラス、レンズ、ソーラーパネル、デジタルサイネージ、薄膜トランジスタ(TFT)、LEDスクリーンに対して光学的透明性を有しています。また、耐薬品性、耐摩耗性、耐紫外線性、帯電防止性、防眩性を備え、塗布した製品に曇り止め効果を付与します。

市場の成長要因及び制約要因

家電製品は、光学コーティング市場で最大のシェアを占めています。急速な経済成長と個人の可処分所得の増加により、インド、中国、ブラジルなどの新興市場では、薄膜トランジスタ(TFT)やLEDスクリーンなどの家電製品の需要が増加しています。建設活動、インフラ整備、自動車生産の増加などが、予測期間中に光学コーティング市場を牽引することが予想されます。また、ターゲティング、ナイトビジョンカメラ、赤外線カメラ、ヘッドマウント型ミサイルシーカーなどの軍事用途で赤外線・反射防止コーティングが使用されていることも、市場の成長に拍車をかけています。しかし、メーカーによる光学コーティングの製造には膨大な時間と労力が必要であり、資本集約的な製造プロセス、原材料価格の変動が市場の成長を阻害する可能性があります。代替エネルギー源の開発を奨励するための奨励金や補助金などの各国政府の政策により、ソーラー用途の光学コーティングの消費量は増加すると予想されます。

米国のLEED(Leadership in Energy and Environmental Design)基準によると、グリーンビルディング評議会(USGBC)の光学コーティングは、断熱によるエネルギー消費の削減に重要な役割を果たします。これにより、市場に新たな機会が生まれると期待されています。

COVID-19の市場への影響

COVID-19は世界経済に深刻な影響を与え、世界貿易に壊滅的な影響を与え、同時に家庭、企業、金融機関、工業施設、インフラ企業に影響を及ぼしています。国際貿易の制限と化学産業の操業に対する各国政府によるロックダウン規制は、市場の短期的な需要を制限すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]