手術室設備市場、2030年に274億米ドル規模到達見込み

手術室設備市場の概要

世界の手術室(OR)設備市場は、2020年に164億米ドルの規模に達しました。2021年から2030年にかけて、市場は5.3%のCAGRで成長し、2030年には274億米ドル規模に達すると予想されています。

手術室(OR)は、さまざまな病理学的および生理学的状態を治療するために、患者に外科手術や治療を行う施設です。ORは、手術を行うための安全、不活性、無菌の環境として機能します。そのため、外科手術の成功につながる適切な機器を備えることが極めて重要です。手術室設備は過去10年で大きく進化し、手術用ナビゲーションシステムなどの改良された設備が手術の手順を効率化しました。技術的に高度な設備を備えた手術室は、外科医やインターベンショニストに自由性と操作性をもたらします。精密な機器や装置を備えた手術室は、より優れた患者のケアと業務効率の向上を実現します。

市場の成長要因及び制約要因

手術室設備市場は、病院数の増加、手術室設備への投資の増加、世界の老人人口の急増により、予測期間中に大きな成長を示すと予想されます。また、手術室設備市場の成長を牽引する重要な要因として、さまざまな手術室設備に対する規制当局の承認や、低侵襲手術に対する患者の嗜好の高まりが挙げられます。しかし、手術室設備のコスト高と米国の不利な医療改革が市場の成長を制約しています。一方で、アジア太平洋地域やLAMEAなどの新興市場の未開拓の可能性は、予測期間中、主力企業に有利な成長機会を提供すると予想されています。

手術室設備市場:セグメント別

手術室設備の世界市場は、製品タイプ、エンドユーザー、地域別にセグメント化されています。製品タイプ別に、市場は麻酔機器、電気手術機器、マルチパラメーター患者モニター、手術用画像装置、手術台、手術室照明、手術用ナビゲーションシステムに細分化されています。エンドユーザー別では、病院、外来患者施設、外来手術センターなどに分類されています。地域別では、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、LAMEAに分かれています。

製品タイプセグメント

製品タイプ別では、電気手術機器セグメントが2020年に最大の市場シェアを占め、予測期間中も手術件数の増加により、この傾向が続くと予測されています。一方で、手術用画像処理装置セグメントは、その使用量の増加と手術環境での利用可能性から、予測期間中に最も高い成長を示すと予測されています。

エンドユーザーセグメント

エンドユーザー別では、外来手術センターセグメントが現在市場を支配しており、予測期間中も優位性を維持すると予想されます。このセグメントは、あらゆる年齢層の患者に対して、大腸内視鏡検査や大腸がんスクリーニングなどの医療サービスを提供するための、安全で費用対効果の高い、患者に配慮した環境を実現するため、著しい成長を示すと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]