糖尿病治療機器市場、2030年に383億米ドル規模到達見込み

糖尿病治療機器市場の概要

糖尿病治療機器の世界市場は、2020年に200億米ドルの規模に達しました。2021年から2030年にかけて、市場は6.6%のCAGRで成長し、2030年には383億米ドル規模に達すると予想されています。

糖尿病は、血糖値を制御するインスリン産生の欠陥により、血糖値が正常値を超えて上昇することで発症する疾患です。血糖値は主なエネルギー源として作用し、摂取した食事から得ることができます。インスリンは、膵臓のホルモンで、血糖値を維持します。体内でのインスリンの合成に欠陥があると、血糖値を調整することができず、糖尿病を引き起こします。正常な人の血糖値の範囲は70~100mg/dLで、糖尿病患者の場合は80~130mg/dLまで上昇します。糖尿病患者の血糖値を監視するために、糖尿病治療機器が使用されます。持続血糖測定器(CGM)は、糖尿病患者の血糖値を一日中追跡・監視する医療機器です。このウェアラブル技術は、血糖値の管理に役立つため、糖尿病患者にとって特に有用です。糖尿病の状態を監視するさまざまな種類のデバイスには、ケトン体モニター、血糖値モニター、持続血糖測定器、インスリンポンプ、スマートインスリンペン、糖尿病管理アプリケーションなどがあります。持続血糖測定器は、血糖値を維持・管理し、患者の健康を向上させるのに役立つものです。

市場の成長要因及び制約要因

糖尿病治療機器市場の成長を促進する主要な要因は、糖尿病の発生率の増加や都市化に伴う座りがちなライフスタイルへの変化などが挙げられます。また、糖尿病治療機器分野における技術の進歩、世界的な糖尿病人口の増加、迅速かつ安全な診断ニーズの急増、糖尿病の治療法の増加などの要因も、予測期間における糖尿病治療機器市場の成長を押し上げています。

しかし、血糖値測定器は、血液中の血糖値を正確に測定するものではなく、血糖値の範囲を示すものです。また、一部の糖尿病治療機器に関連する副作用は、市場の成長を阻害しています。しかし、糖尿病治療機器に関する認知度の向上と発展途上地域における未開拓の市場機会が、糖尿病治療機器市場の成長を後押しすると予想されます。

COVID-19の市場への影響

COVID-19パンデミックは、糖尿病治療機器市場に好影響を及ぼしています。これは、糖尿病や高血圧など、さまざまな健康問題を抱えている患者が、このウイルスに感染するリスクが高いことに起因しています。糖尿病患者の死亡率は、一般人口と比較して高くなっています。糖尿病患者は、インスリン(注射器やペンで投与)の投与と治療を継続的に受ける必要があります。したがって、インスリンペンや持続血糖測定器は、糖尿病の綿密なモニタリングと最適な管理のために、需要が増加しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]