歯科用インプラント・補綴物市場、2030年に306億米ドル規模到達見込み

歯科用インプラント・補綴物の世界市場:概要および動向

歯科用インプラント・補綴物の世界市場は、2020年に91億米ドルの規模に達しました。2021年から2030年にかけて、市場は12.4%のCAGRで成長し、2030年には306億米ドル規模に達すると予想されています。

歯科用インプラント(口腔インプラントまたは骨内インプラントとも呼ばれる)は、半世紀以上にわたって欠損した歯を補うために使用されてきました。高い成功率で欠損した歯を補う方法に革命をもたらしたことから、歯科医療への重要な貢献と考えられています。この成功は、インプラント材料が周囲の組織と一体化する能力に依存しています。

歯科補綴物とは、欠損した歯の修復、審美的な存在感の向上、咀嚼や会話の能力など、歯の欠損を改善するために用いられる医療機器または口腔内補綴物のことです。これらの医療機器にはクラウン、ブリッジ、義歯、アバットメント、ベニア、インレー&オンレーなどが含まれます。さらに、歯科補綴物は、例えば、総入れ歯や部分入れ歯のように、固定したり取り外したりすることができます。

歯科治療のコストは、PPEなどの追加リソースの必要性、歯科診療所の改修、待合室での患者の隔離の必要性による待ち時間の増加、結果として1日に診られる患者数の減少など、いくつかの理由から将来的に増加する可能性があります。COVID-19の発生は、デジタル口腔内スキャナーの使用を促し、コンピューター支援設計製造(CAD/CAM)や3Dプリント技術の需要を高める可能性があります。したがって、より生産的で費用対効果の高いデジタル歯科機器の需要が増加し、ひいては歯科の産業的側面を押し上げる可能性があります。

これらの医療機器は、一般的に歯の交換作業の間に使用されます。歯科用インプラントは、チタンベースのシリンダーと、クラウンやキャップなどの追加補綴物で構成されています。チタンは、歯科用インプラントに理想的な材料です。チタンは生物学的に不活性であり、したがって、それは異物反応を引き起こすことはありません。インプラントが骨と密接に接触するためには、正確な技術でインプラント部位を準備する必要があります。インプラント埋入手術キットには指定のドリルが入っており、これを順番に使用し、できるだけ外傷のないように骨を削り取ります。インプラントの挿入は、通常の無菌手術に準じて行われます。インプラントに焦点を当てた口腔内検査では、既存の歯と補綴物の修復性と構造的完全性、前庭と口蓋の深さ、歯周病の状態、咬合、顎の関係、弓間スペース、最大開口、副機能的習慣、口腔衛生に取り組みます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]