搾乳器市場、2030年に8億9,073万米ドル規模到達見込み

搾乳器市場の概要および動向

搾乳器の世界市場は、2020年に4億6,110万米ドルの規模に達しました。2021年から2030年にかけて、市場は6.8%のCAGRで成長し、2030年には8億9,073万米ドル規模に達すると予想されています。

搾乳器は、母親が乳房から母乳を抽出するために用いる器具です。手や足の動きで作動する手動式と、電気で作動する自動式の2種類があります。また、搾乳器は、女性の母乳分泌の維持・増進、乳房の充血や乳管の閉塞の緩和、扁平・逆さまの乳首を引き出して授乳中の乳児が母親の乳房につかまりやすくするために使用されます。乳幼児が乳首につかまり、授乳できない場合、医師は母乳の供給を促進するために搾乳器を勧めます。

搾乳器市場の成長は、世界中で働く女性の数が増加していることが主な要因として挙げられます。働く女性は、主に仕事中に育児を継続するために、搾乳器を利用しています。搾乳器は乳児に母乳を与える際に利用され、授乳中の乳児の吸い口に似せて設計されたものもあります。また、搾乳器は働く女性にとって有効な選択肢の一つとなっており、さらに利便性を追求した装着型の搾乳器も登場しています。したがって、女性の就業率の上昇は、搾乳器市場の成長を強く後押ししています。

また、授乳中の母親は、母乳育児の利点と重要性についてより高い認識を持つようになってきています。近年、世界的な識字率の上昇により、人々は日常生活における高度な医療技術の導入に熱心になっています。発展途上市場は驚異的なペースで成長を続けており、先進医療技術の高い導入率を示しています。したがって、母乳育児のための意識の高まり、可処分所得の増加、および技術の進歩は、搾乳器市場の成長を牽引しています。

一方で、搾乳器の価格の高さが市場の主要な制約要因となっています。搾乳器の価格設定が高いため、特に発展途上国や低開発国においては、製品購入に躊躇するユーザーがそんざいしています。さらに、異物混入のリスクは、搾乳器市場の成長を阻害することが予想されます。

しかし、搾乳器市場は近年著しい勢いで拡大しており、今後もこの傾向は続くと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]