ブロー成形機市場、2030年に68億7,860万米ドル規模到達見込み

ブロー成形機市場の概要および動向

ブロー成形機の世界市場は、2020年に46億5,450万米ドルの規模に達しました。2030年までの予測期間中、市場は3.8%のCAGRで成長し、2030年には68億7,860万米ドル規模に達すると予想されています。

ブロー成形機は、ペットボトルやプラスチックチューブなど、中空のプラスチック製品を成形するために使用される機械です。成形工程は、プラスチックを溶かした後、圧縮空気を導入してパリソンを通過させるというものです。ブロー成形機の主な用途は、水筒、ソフトドリンクのボトル、広口瓶、プラスチック缶、および業界全体で使用される他の容器の製造が含まれています。

パッケージング業界は、食品・飲料業界や製薬業界など、パッケージング製品に関わる業界の増加により、近年成長を遂げています。このため、ボトルやチューブなどの包装部品メーカーによるブロー成形機の需要が高まっており、ブロー成形機市場の成長を後押ししています。さらに、異なる容量の様々なブロー成形機の可用性は、それが小さいだけでなく、大規模なプラスチック製品の生産に使用するために適しています。したがって、ブロー成形機は、数ミリリットルから千リットルのような小さな容量の製品を製造するために広く使用されています。ブロー成形は、先進技術の導入により、原材料の無駄が少なく、エネルギー効率も高くなっています。さらに、最新のコンピュータベースの技術やソフトウェアの統合により、効率的な自動化が可能となり、生産性を高めながら人件費を削減することができます。

業界の主要企業は、高性能なブロー成形機の上市やブロー成形機の新技術の開発に注力しています。例えば、ブロー成形機の大手であるMeccanoplasticaは、2021年6月にブロワー、フィラー、キャッピングマシンを統合したMiPet Combiストレッチブロー成形ソリューションを上市しました。この機械は、そのコンパクトさにより、設置面積はわずか30%となっています。さらに、世界中の企業が、持続可能な未来のための技術開発を目指しています。例えば、2019年4月、PETの射出延伸ブロー成形用機械・金型などプラスチック加工機械の大手メーカーである日精エー・エス・ビー機械株式会社は、最新の「ゼロ冷却」技術を発表しました。この技術は、ボトルの品質と強度を向上させ、軽量化と生産性の飛躍的な向上を実現するものです。軽量化により、環境保全への取り組みにも貢献します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]