血圧モニタリング装置市場、2030年に38億米ドル規模到達見込み

血圧モニタリング装置市場の概要

血圧モニタリング装置の世界市場は、2020年に22億米ドルの規模に達しました。2021年から2030年にかけて、市場は5.7%のCAGRで成長し、2030年には38億米ドル規模に達すると予想されています。

血圧は、血圧計と呼ばれる装置(血圧モニタリング装置)を用いて測定します。心臓とほぼ水平になるように腕に巻く膨張式のカフと、カフの圧力を測定するモニター装置で構成されています。このモニターは、収縮期と拡張期の2つの圧力を測定します。血圧モニタリング装置は、患者の体内の高血圧を評価するために使用されます。高血圧は、慢性心疾患や脳卒中の主な危険因子の一つであり、世界的な死因の上位を占めています。この背景には、在宅医療現場における血圧モニタリング装置の重要性の高まりと、先進技術の出現があります。また、血圧モニタリング市場の主な成長要因は、高齢化人口の増加、ライフスタイルの変化、先進技術の登場です。血圧モニタリング装置は、患者の健康状態の悪化を早期に診断することができるため、今後数年間で需要が増加することが予想されます。また、高度な血圧モニタリング装置は個人用に設計されており、患者の健康状態を遠隔で追跡するのに役立ちます。

血圧モニタリング装置市場の動向

血圧モニタリング装置の需要は、慢性疾患の発生率の上昇と老年人口の急増により、市場の予測期間中、世界的に増加すると予想されています。また、新興国における医療費の急増やプロアクティブモニタリングへの高いニーズは、市場参加者に新たな機会を提供すると期待されています。しかし、発展途上地域における認知度の低さは、血圧モニタリング装置の市場成長を阻害すると予想されています。また、高血圧は心臓発作、脳卒中、腎不全など、いくつかの疾患の主な原因であるため、患者の状態の重症度を判断するために血圧のモニタリングが重要です。血圧モニタリング装置の導入が拡大している背景には、高血圧などの心血管疾患の発生率の増加、老年人口における高血圧のリスク、肥満や糖尿病などの生活習慣病の増加などがあります。

COVID-19の市場への影響

COVID-19は、血圧モニタリング装置市場にマイナスの影響を及ぼしています。パンデミックの長期化によるストレスや、アルコールや塩分の摂取量の増加、体重増加、座りっぱなしの生活など好ましくない生活習慣により、COVID-19の蔓延期間中に血圧のコントロールが低下することが懸念されています。日本国内では、2011年3月11日に発生した東日本大震災により、日本赤十字社が被災しましたが、渡航制限や生産停止などにより、サプライチェーンに大きな影響を及ぼしました。さらに、COVID-19の発生により、ほとんどの市場で製品需要の減少が見られ、血圧モニタリング装置市場においても同様の傾向が見られました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]