オニオンオイル市場、2030年に1億1,260万米ドル規模到達見込み

市場の概要

オニオンオイルの世界市場は、2020年には4,020万米ドル規模に達しました。2021年から2030年にかけて、市場は10.9%のCAGRで成長し、2030年には1億1,260万米ドル規模に達すると予測されています。

オニオンオイルはヘアオイルの一種であり、育毛、血行促進、抜け毛の抑制、毛根の全体的な健康維持、切れ毛の抑制、発毛促進、薄毛の治療などに使用されます。消費者の間で髪に関する問題が増えていること、老人人口の増加、ヘアケアのためにオニオンオイルを使用することの有効性に関する意識の高まりなどが、オニオンオイル市場の需要拡大を後押ししています。オニオンオイルは、育毛に効果があり、専門店、スーパーマーケット、薬局、オンラインショップなど様々な小売店で簡単に入手できることから、最近では気軽に使用されるようになりました。さらに、男性が外見を整えるためにヘアオイルなどのヘアケア製品を愛用する傾向が強まっていることも、オニオンオイル市場の成長に大きな影響を与えると考えられています。

COVID-19の市場への影響

COVID-19パンデミックの発生は、オニオンオイル市場にマイナスの影響を与えました。

COVID-19パンデミックは、生産設備に支障をきたしただけでなく、材料の供給者や流通業者などのサプライチェーンを混乱させ、売上高の面でビジネスに損失をもたらしました。

COVID-19の感染拡大を抑制するために世界の数か国が課した貿易制限は、世界の物流・輸送に大きな影響を及ぼし、オニオンオイル市場はマイナスの影響を受けました。

主要な市場区分

世界のオニオンオイル市場は、性質、エンドユーザー、流通チャネル、地域に基づいて区分されています。性質では、従来型と有機型に分類されています。エンドユーザーでは、男性と女性に分けられています。流通チャネル別では、専門店、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、オンラインストア、その他に分類されています。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、ロシア、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、インド、オーストラリア・ニュージーランド、日本、韓国、ASEAN、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ブラジル、サウジアラビア、南アフリカ、アルゼンチン、その他のLAMEA)に分けられています。

市場の競合状況

世界のオニオンオイル市場で事業展開する主要企業としては、Authentic Oil Co., Au Natural Organics, Alphanso Products Private Limited, Essentially Australia, Hindustan Hills, Luxura Business Private Limited, Honasa Consumer Pvt.Ltd.(Mama Earth), Meena Perfumery, Soulflower India Private Limited, TNW International Pvt.Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]