布製玩具市場、2030年に142億9,190万米ドル規模到達見込み

市場の概要

布製玩具の世界市場は、2020年に104億1,720万米ドル規模に達しました。2021年から2030年にかけて市場は3.3%のCAGRで成長し、 2030年には142億9,190万米ドル規模に達すると予測されています。

布製玩具は、ディスプレイや寝室の装飾、誕生日やパーティのプレゼントなどにも使われます。また、ホールやベッドルームでの癒しグッズとしても使用されています。ソフトで快適な玩具への需要の高まりと、子供が遊ぶ際の安全性への関心が、布製玩具の需要を促進しています。さらに、子供の人口増加と可処分所得の増加が、市場の成長を促進すると考えられます。製造企業は、他の市場プレーヤーとの競争力を高めるために、課せられた規制と同期した製品開発やイノベーションに注力しています。

子どもたちは、スパイダーマン、アイアンマン、ドラえもん、Mr.ビーンなどの人気アニメ番組や子ども向け映画にますます影響を受けるようになっており、人気キャラクターの布製玩具に対する需要がさらに高まると予想されています。

COVID-19の市場への影響

コロナ・パンデミックの発生及び感染拡大は、世界の布製玩具市場にプラスの影響を与えましたが、玩具業界の多くの関連企業が、パンデミックの間に大きな成長を遂げました。パンデミックの間、子供を含む大半の人々は各国政府のロックダウン規制により外出を制限され、自宅にいることを余儀なくされたため、多くの親たちは子供たちに布製の玩具を与えていました。

主要な市場区分

布製玩具市場は、タイプ別、製品タイプ別、流通チャネル別、年齢層別、地域別に分類されています。製品タイプでは、キャラクターソフトトイ、動物のぬいぐるみ、人形、その他に分類されています。年齢層別では、5歳以下、6歳以上10歳未満、10歳以上に分類されています。流通チャネル別では、ハイパーマーケット/スーパー、専門店、デパート、オンラインチャネル、その他に分類されています。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、その他の欧州)、アジア太平洋地域(中国、インド、日本、ASEAN、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域)、LAMEA(ブラジル、サウジアラビア、南アフリカ、その他のLAMEA)に区分されています。

製品タイプ別では、動物のぬいぐるみが市場に大きく貢献しており、2020年には28億7,650万米ドル規模に達し、予測期間中のCAGRは3.8%で2030年には41億3,000万米ドル規模に達すると予測されています。動物のぬいぐるみは、しばしば最も人気のあるギフトアイテムの一つであるため、高い需要があります。これらの玩具は、特定のグループの人たちだけのものではなく、通常は子供から大人まで購入されます。また、動物のぬいぐるみにはカスタマイズが導入されており、これが世界市場の成長を促進しています。さらに、この分野に参入している大手企業では、環境に優しい原材料をぬいぐるみに使用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]