トラクター市場、2030年に979億610万米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

トラクターの世界市場は、2020年に648億米ドル規模に達しました。2021年から2030年にかけて市場は4.0%のCAGRで成長し、2030年には979億610万米ドル規模に達すると予測されています。

トラクターとは、通常、前に1つまたは2つの小さな車輪、後ろに2つの大きな車輪を備えた乗り物です。農業、建設、物流などの分野で、ローテーターなどの付属器具の移動、耕作、耕耘、播種、栽培、収穫などに使用されます。トラクターには、2輪タイプと4輪タイプがあります。また、出力も20馬力から100馬力以上のものまであります。

世界のトラクター市場の成長を牽引しているのは、政府による新しいインフラ整備や建築物への支出の増加であり、それに伴い輸送用途のトラクターの需要も増加しています。例えば、オーストラリア政府はインフラ活動への支出を増やしています。支出は2018年から2020年にかけて10.3%増加しました。また、建設用トラクターは、運用効率、トラクター技術の進歩を促しており、これが世界のトラクター市場の成長を後押ししています。

インド、ブラジル、中国などの国でトラクターなどの農業機器の機械化が進んでいることが、世界のトラクター市場の成長を後押ししています。植え付け、播種などの様々な用途で高効率なトラクターの需要が増加し、市場の成長を促進しています。Mahindra & Mahindra LtdやEscorts Limitedなどの大手企業は、出力範囲が50~100HPのトラクターを提供しています。例えば、Mahindra & Mahindra Ltdは、Mahindra NOVOトラクターを提供しており、64.1 HPの電力出力を備えています。また、このトラクターは劣悪な土壌条件に適する強力なエンジンを装備しています。

世界のトラクター市場は、ぬかるみや重い土壌に対応した高性能なトラクターへの需要の高まりが成長の原動力となっています。例えば、John Deere India Private Limited、Mahindra & Mahindra Ltd、VST Tillers and Tractors Ltdなどの大手企業は、100馬力以上の出力を持つトラクターを提供しています。例えば、Deere & Company社はJohn Deere 6120 Bトラクターを農業やマルチング用に提供しています。このトラクターは低価格で、高い信頼性を得ており、傾斜や水たまりなどの悪条件下での使用にも対応しています。また、4つのシリンダーとターボチャージされたJohn Deere Power Techエンジンで120HPの出力を持っています。

主要な市場区分

トラクター市場は、出力、駆動方式、アプリケーション、地域に基づいて区分されています。出力別では、30HP未満、30~50HP、50~100HP、100HP以上に分類されています。2020年には、30~50HPのセグメントが市場を支配しています。駆動方式別に基づいて、市場は2輪駆動と4輪駆動に二分されています。2020年には、2輪駆動セグメントが市場を支配しています。アプリケーション別では、農業、建設、鉱業・物流に区分されています。2020年には、農業分野が市場を支配しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]