トニックワイン市場、2030年に31億3,320万米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

トニックワインの世界市場規模は、2020年には17億8,270万米ドルとなりました。2021年から2030年にかけて市場は5.8%のCAGRで成長し、2030年には31億3,320万米ドル規模に達すると予測されています。

トニックワインは、ハーブやフルーツの抽出物をブレンドして作られます。トニックワインは、その薬効と栄養価の高さから薬として使用されており、様々なウイルス性疾患やインフルエンザの治癒に役立ちます。また、トニックワインはアルコール度数が5%以下なので、お酒が弱い人でも飲むことができます。

洗練されたパッケージは、ワインの売上を伸ばす上で重要な役割を果たしており、トニックワイン市場の成長につながっています。また、缶はアルミ製で5年の保存期間があり、1杯または2杯分の量を飲む場合に便利です。しかし、市場にはトニックワインの代替となる発酵飲料が数多く出回っています。また、アジア太平洋地域やLAMEAでは、トニックワインの概念があまり浸透していません。そのため、代替品の存在が予測期間中のトニックワイン市場の成長を妨げています。

トニックワインは、エネルギーを高め、性的活力を高める健康的なワインと考えられています。トニックワインは、イギリスのデボン地方の修道士によって初めて発明されました。現在では商業的に生産・販売されており、イギリスやアイルランドで絶大な人気を誇っています。トニックワインの健康への好影響に関する意識の高まりが、トニックワインの需要を高め、市場の成長を促進しています。

電子商取引プラットフォームの急速な成長と発展が、トニックワイン市場の成長を促進すると期待されています。トニックワインは簡単に入手することができないため、オンライン販売チャネルが消費者にとって便利な商品調達ソリューションとなっています。また、オンライン販売では、宅配サービスや支払い方法が簡単になるなどのメリットがあり、これがトニックワイン市場を押し上げる要因となっています。

主要な市場区分

トニックワイン市場は、製品タイプ、流通チャネル、用途、地域に基づいて分類されています。製品タイプ別では、マグナム、バックファスト、サナトゲン、マンディンゴに分類されています。流通チャネル別では、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店、オンラインストアに区分されています。用途別では、家庭用とフードサービスに分かれています。

地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、ポルトガル、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ブラジル、アルゼンチン、南アフリカ、その他のLAMEA)に区分されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]