デジタルギフトカード市場、2030年に1兆1,030億3,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

デジタルギフトカードの世界市場規模は、2020年には2,583億4,000万米ドル規模に達しました。2021年から2030年にかけて市場は年率15.8%で成長し、2030年には1兆1,030億3,000万米ドル規模に達すると予測されています。

ギフトカードとは、商品やサービスを購入する際に、特定の店舗や事業所で通貨の代わりとして利用される価値のあるカードのことです。デジタルギフトカードは、ビジネスの促進、ブランド認知度の向上、不正行為の抑制、新規顧客の獲得などの開発戦略の一環として広く採用されています。その結果、デジタルギフトカードは、食品・飲料、小売、ホスピタリティ、家電製品など、さまざまな分野で幅広く利用されています。

市場の動向

デジタルギフトカード市場の成長を促進する主な要因は、決済分野における先端技術の導入と、世界的なデジタル決済の認知度の上昇です。また、スマートフォンの普及や、企業や金融機関でのデジタルギフトカードの導入が進んでいることも、デジタルギフトカード市場の成長を後押ししています。しかし、デジタルギフトカードに対するセキュリティ上の懸念が、市場の成長を妨げると予想されます。さらに、発展途上国でのデジタルギフトカードの需要が急増していることから、デジタルギフトカード市場のプレーヤーにとっては、今後数年間のうちに有利な機会がもたらされると予想されています。

これは、オープンループカードと比較して処理手数料が低いことや、発展途上国の若者の間でクローズドループカードの人気が高まっていることが理由です。しかし、オープンループカード分野は、より高いセキュリティ、より迅速なトランザクション処理、エンドユーザーの間での需要の高まりなど、様々な特徴があるため、予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されています。

地域別の市場予測

地域別では、北米が2020年に最大のシェアを占めています。これは、米国やカナダでは、誕生日やインセンティブ、フェスティバルなどの特別な機会に企業がギフト文化を提供することが盛んに行われているためです。一方、アジア太平洋地域のデジタルギフトカード市場は、インターネット普及率の上昇、インターネットリテラシーの高い人口の急増、アジアの人々の可処分所得の高さなどから、予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されています。

COVID-19の市場への影響

複数の国の政府がウイルスの蔓延を抑制するためにロックダウンを実施したことで、主に企業の間でデジタルギフトカードの導入が進み、今後もデジタルギフトカード業界の成長の原動力となることが期待されています。これは、世界的な健康危機の中で、デジタルギフトカード市場の大きな成長要因の一つとなっています。さらに、COVID-19の流行期には、各国の政府が電子決済の普及を促進するために新たな規制を設けていることから、ギフトカード業界全体が高い成長を見せると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]