ゲーミングシミュレーション市場、2030年に207億6千万米ドル規模到達見込み

ゲーミングシミュレーション市場:概要と動向

ゲーミングシミュレーションの世界市場は、2020年に48億6千万米ドル規模に達しました。2021年から2030年にかけて市場は15.2%のCAGRで成長し、2030年には207億6千万米ドル規模に達すると予測されています。ゲーミングシミュレーションは、現実世界の状況を再現するゲームの世界のツールです。ゲーミングシミュレーションは、システムエンティティ、入力変数、性能指標、機能的関係などのコンポーネントで構成されており、これらが一体となってゲームの感覚を高め、ユーザーに最高の感動体験を提供します。さらに、様々な企業が従業員のトレーニングに必要な運用コストを削減するためにゲーミングシミュレーションを採用しており、これが市場の成長を促進しています。

 COVID-19の大流行により、ゲーミングシミュレーション市場の成長率が大幅に上昇しています。これは、多くの企業が、遠隔地での作業や従業員へのトレーニング強化のために、バーチャルリアリティや拡張現実ベースのシミュレーターを採用する傾向が強まっているためです。例えば、CXC Simulations社は2020年6月、Motion Pro IIシミュレーターを低価格で購入できる認定中古品プログラムを開始しました。

様々な業界でトレーニングや分析にゲーミングシミュレーションが採用されるようになり、バーチャルリアリティ(VR)ヘッドセットの需要が高まっていることが、世界のゲーミングシミュレーション市場の成長を後押ししています。また、次世代技術として360度カメラが様々な発展途上国で受け入れられていることも、市場の成長にプラスの影響を与えています。しかし、VRヘッドセットに関連するセキュリティとプライバシーの問題、およびVRヘッドセットの高コストが、ゲーミングシミュレーション市場の成長を妨げています。一方で、AIやクラウドコンピューティングを導入してより良い体験を提供することや、世界中のエンターテインメント業界とゲーミングシミュレーター企業とのコラボレーションの増加は、予測期間中のゲーミングシミュレーション市場の拡大に有益な機会を提供すると期待されています。

ゲーミングシミュレーション市場:ゲームタイプ別

ゲームタイプ別では、レーシングセグメントが2020年に最大の市場シェアを獲得し、今後もその優位性を維持すると予想されています。これは、レーシングドライバーが運転技術を向上させるためにバーチャルトレーニングソリューションを採用することで、予測期間中にレーシングシミュレーターの需要を牽引することが予想されるためです。しかし、世界の若い世代の間で格闘シミュレーターの需要が急増していることや、ゲーミングシミュレーション市場の主要プレイヤーが格闘シミュレーターへの投資を増やしていることから、格闘セグメントが最も高い成長率を示すと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]