プロバイオティクス市場、2030年に739億米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

プロバイオティクスの世界市場は、2020年に341億米ドル規模に達しました。2021年から2030年にかけて市場は8.6%のCAGRで成長し、2030年には739億米ドル規模に達すると予測されています。

プロバイオティクスとは、細菌や酵母などの微生物のことで、腸内細菌のバランスを維持することで人間や動物を助けます。プロバイオティクスの成分は、体内の自然な消化液や酵素を刺激し、消化器系の機能を正常に保ちます。プロバイオティクスは、経口またはサプリメントとして摂取することができます。

また、プロバイオティクスは、健康な生物を潜在的に有害な生物から守るものです。現在、プロバイオティクス製品は、精神疾患の診断や、消化器系疾患、神経系疾患の治療に使用されています。さらに、プロバイオティクスは、人間の免疫システムを強化し、タンパク質や脂質を酸化ダメージから守り、体内の病原体を減少させます。

ナチュラル製品に対する消費者の嗜好の高まりは、市場の成長に影響を与える大きな要因です。消費者の予防医療への関心の高まりと、プロバイオティクス菌の健康への有効性が市場拡大の原動力となっています。プロバイオティクスの需要は、基本的な栄養補給に加えて健康増進の可能性を持つ機能性食品の消費が増加していることに起因しています。

現代人の大半は、肥満、消化器系の問題、胃腸の感染症、膣の感染症などの病気に悩まされています。このような状況を考慮して、市場関係者はこれらの疾患の治療に役立つプロバイオティクス製品を開発しました。プロバイオティクス市場では、健康への関心の高まりによる影響は緩やかですが、近い将来、成長が見込まれています。

現在、プロバイオティクスの利点は、多くの人々によく知られていません。しかし、いくつかの出版物や機能性食品のファクトシート、国際食品情報評議会(IFIC)が主催する会議などにより、認知度が高まることが期待されています。健康への関心の高まりは、インドや中国などの発展途上国の市場成長を支えています。企業は、業界のニーズに応え、市場での競争力を維持するために、独自の研究開発センターを持つようになりました。今後、プロバイオティクス製品の品質向上のために、研究開発への莫大な投資が予想されます。

プロバイオティクス市場の成長を促す主な要因として、個人消費の増加と政府の有利な支援による食品・飲料業界の成長が期待されています。健康志向の高い消費者の間で、栄養強化食品に対する需要が急増していることが、プロバイオティクス市場の成長を促進すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]