位置情報サービス市場、2030年に3,186億4,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

位置情報サービスの世界市場は、2020年に363億5,000万米ドル規模に達しました。2021年から2030年にかけて市場はCAGR24.3%で成長し、2030年には3,186億4,000万米ドル規模に達すると予測されています。

位置情報サービス(LBS)とは、エンドユーザーが位置情報にアクセスするためのソフトウェアや、その他のオンラインサービスを通じて提供される、地図やナビゲーション、ローカル検索や情報、ソーシャルネットワーキングやエンターテイメント、プロキシミティマーケティング、資産追跡などの機能を含む一連のサービスです。位置情報サービスは、スマートフォンなどの様々なスマートデバイスからリアルタイムでジオデータを提供し、情報、エンターテインメント、セキュリティなどを提供します。位置情報サービス市場の成長を促進する主な要因として、センサーやIoTなどのスマートデバイスの高い普及率が挙げられます。LBSは、数多くのメリットがあることから普及しています。

市場の動向

コンポーネントベースでは、2020年にハードウェアセグメントが位置情報サービス市場全体を支配しており、予測期間を通じてこの傾向が続くと予想されています。これは、競合他社に対する戦略的な優位性を得るために、企業による位置情報サービスの導入が増加しているためです。また、ロケーションベースのソフトウェアの効果的な機能を確保できるため、位置情報サービス市場の成長を後押ししています。しかし、今後数年間は、サービス分野が最も高い成長を示すと予想されます。これは、様々な産業分野で位置情報サービスソフトウェアの採用が増加していることに起因します。これにより、システムインテグレーションやマネージドサービスなど、さまざまなサービスの必要性が高まります。多数の国々では、製造、マーケティング、販売などのすべてのビジネスツールを連携させるために、これらのサービスを採用し始めています。これらの要因が、予測期間における位置情報サービス市場の成長を促進すると考えられています。

市場区分:地域別

位置情報サービスの市場シェアを地域別に見ると、北米が位置情報サービス市場をリードしており、この傾向は予測期間中も続くと予想されます。これは、企業がビジネス拡大のためにデジタル技術を利用する傾向が強まっているためと考えられます。位置情報サービス市場は、防衛および輸送分野におけるLBS産業の増加により成長しています。LBSに基づく地理空間マッピングアプリケーションは、NASAや米国地質調査所(USGS)の活動の基盤として人気を集めています。一方で、アジア太平洋地域は、GPS機能を備えたスマートフォンの普及により、位置情報サービスを提供する企業にとって膨大な潜在顧客層が存在するため、予測期間中に最も高い成長を示すと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]