空港ロボット市場、2030年に25億6,814万米ドル規模到達、CAGR 17.8%で成長見込み

市場の概要

空港ロボット市場は、2020年に5億6,515万米ドルに達しました。2030年には25億6,814万米ドル規模に達し、17.8%のCAGRで拡大すると予測されています。

空港ロボット市場には、空港内でのさまざまな作業に対応できるさまざまなタイプのロボットがあります。例えば、CVG空港(米国)の清掃ロボットNeo、ヒースロー空港(ロンドン)の消毒ロボット、ジョモ・ケニヤッタ国際空港(ケニア)のガイドロボット、仁川国際空港(韓国)のガイドロボットなど、複数の空港に導入されているロボットは、空港でサービスを提供する地上スタッフを支援しています。

乗客とのコミュニケーションや生産性の向上のためにテクノロジーが採用されるにつれ、空港ターミナルではロボットの普及が進んでいます。多くのロボットは、人工知能や機械学習技術を用いて学習し、知識を向上させることができます。技術の進歩に伴い、ロボットは乗客に対してより適切な情報を提供できるようになり、空港運営者や航空会社に運営上のメリットを提供できるようになります。

主要な市場区分

空港ロボット市場は、エンドユーザー、アプリケーション、タイプ、地域に基づいて分類されています。エンドユーザーセグメントはさらに、空港セキュリティ、搭乗券スキャン、空港バゲージシステム、乗客誘導、その他に分けられています。アプリケーションセグメントは、さらにランドサイドとターミナルに二分されます。タイプ別では、ヒューマノイドと非ヒューマノイドに分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分かれています。

市場の競合状況

世界の空港ロボット市場で活動している主要企業としては、ABB Ltd.、Avidbots Corp.、Cyberdyne Inc.、ECA Group、LG Electronics Inc.、SITA、SoftBank Corp.、Stanley Robotics、UVD Robots、YUJIN ROBOT Co.などが挙げられます。

COVID-19の市場への影響

COVID-19の発生により、世界各国の政府はウイルスの蔓延を抑えるために厳しいロックダウンを実施し、社会的な距離を置くことを義務化しました。その結果、何千機もの航空機が国際的に離陸し、航空業界は収益の大幅な落ち込みを余儀なくされました。航空業界が目の当たりにした損失は、空港ロボットシステムなどの革新的な技術の導入に影響を与えました。空港や航空会社は大規模なパンデミックに見舞われ、企業や当局は、空港内のさまざまな用途に展開するAI搭載のロボット技術に投資することを止めてしまいました。世界中で進行中のワクチン接種により、航空宇宙産業は将来的に軌道に乗ると予想され、空港ロボットの採用は年々増加すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]