アジアのスマート教育・学習市場、2030年に3,693億4千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

アジアのスマート教育・学習市場は、2020年に433億6千万米ドル規模に達しました。2030年には3,693億4千万米ドルに達し、23.6%のCAGRを記録すると予測されています。

スマート教育・学習ソリューションは、モバイル機器のアプリケーションおよび学習者のモビリティを重視しています。さらに、従来の教室での教育方法に代わる、柔軟な学習プロセスを提供します。多くの教育機関がハイテクな教育方法を採用してスマートな教育コンセプトを好むようになっていることから、スマート教育・学習ソリューションの採用が長期にわたって増加しています。

教育分野は、学校や大学からのe-ラーニングソリューションの需要が増加していることから、e-ラーニングを最も早く導入している分野の一つです。また、中国やインドなどの発展途上国では、質の高い教育を受けられないことが、このコンセプトの導入を促進しており、市場に潜在的な成長機会をもたらすと予想されています。

主要な市場区分

2020年のアジアにおけるスマート教育・学習市場では、ハードウェアセグメントが優勢であり、今後もその優位性を維持することが予想されます。アジアのスマート教育・学習市場におけるハードウェアセグメントの成長を牽引しているのは、主にインタラクティブディスプレイの採用の増加です。インタラクティブディスプレイは、あらゆる学習環境に対応しており、使用、導入、サポートが容易です。一方、サービス分野は、ソフトウェアを効果的に機能させることができるため、エンドユーザーからの需要が高まっており、最も高い成長率が見込まれています。

2020年のアジアのスマート教育・学習市場は、エンドユーザー別では教育分野が圧倒的なシェアを占めています。これは、デジタルリソースへの投資の増加に伴い、教育インフラの継続的な改善や学習・評価プロセスのカスタマイズが行われているためです。しかし、予測期間中、企業セグメントが最も高い成長率を示すと予想されています。

2020年のアジアのスマート教育・学習市場全体では、中国が圧倒的なシェアを占めています。これは主に、中国の教育部門が急速に発展し、インテリジェント技術に傾倒していることに起因しています。また、この国の主要企業は先進的なスマート教育・学習製品を積極的に導入しており、市場の成長をさらに後押ししています。例えば、2019年12月、中国のインターネット大手であるTencent Holdings Ltd.は、同国で急成長しているスマート教育市場の大きな需要に応えるため、新しいスマート教育ソリューションであるWeLearningを発表しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]