医療AI市場、2021年~2030年までCAGR38.1%で成長、2030年に1,944億米ドル規模到達見込み

市場の概要

医療AI市場は、2020年に82億3千万米ドルに達しました。市場は2021年から2030年までCAGR38.1%で成長し、2030年には1,944億米ドルに達すると予測されています。人工知能は、生物学、コンピュータサイエンス、数学、言語学、心理学、工学などのさまざまな分野において、推論、学習、問題解決能力など、人間の知能に基づくさまざまな機能を応用した知的システムと定義されています。医療における人工知能は、複雑な医療データを分析するためにアルゴリズムとソフトウェアを利用します。

人工知能は、医療分野において、治療技術と患者の転帰との関連性を研究するために使用されています。医療AIは、投薬管理、治療計画、創薬など様々な用途があります。診断プロセス、個別化医療、医薬品開発、患者のモニタリングケアなどの医療行為に使用されています。

市場の成長及び制約要因

医療AI市場の成長は、医療データの量の増加とデータセットの複雑さの上昇が、市場における医療AIの必要性を促進していることが主な要因です。また、コンピューティングパワーの向上とハードウェアコストの低下、業界を超えたパートナーシップや協力関係の急増、医療従事者と患者の間の不均衡の増加などが、即効性のある医療サービスの必要性を促進しています。例えば、2017年8月、ペン・メディシンは、機械学習を用いた予測ソリューションを開発しました。このソリューションでは、システムが個人のバイタルサインを分析し、敗血症の発症リスクを予測したり、心不全の可能性を検出したりします。

さらに、AIソフトウェアの効率性と有効性の向上に役立つ先進的なハードウェアシステムの出現が、ハードウェアセグメントの市場成長を後押しすると予想されます。例えば、2016年にNvidia社は、深層学習の使用効率を向上させ、中央演算処理装置の20~50倍の効率を実現したグラフィック処理装置を発表しました。 現在、市場の成長を促進している主な要因は、地球上の複数の製薬会社やバイオテクノロジー企業が、COVID-19のワクチンまたは医薬品の開発プロセスを迅速化するために、医療にAIを採用していることです。

しかし、怪我や誤った解釈をするリスクがあるため、医療従事者からの受け入れが限られていることが、世界の医療AI市場の成長を妨げていると考えられます。

COVID-19の市場への影響

COVID-19パンデミックの影響は、様々な医療関連市場にプラスの影響を与えており、その一つが医療におけるAIです。現在、パンデミックに対抗するために、AI技術が重要な役割を果たしています。医療分野でのAIの利用は新しい概念ではありませんが、COVID-19の発生状況での応用により、この分野での将来性が証明されました。AIツールは、パーソナライズされた情報や学習を通じて、ウイルスの検出・診断やアウトブレイクへの対応に急速に活用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]