バイオプラスチック市場、2030年に168億米ドル規模到達見込み

市場の概要

バイオプラスチックの世界市場は、2020年に58億米ドル規模に達しました。2021年から2030年にかけて市場はCAGR11.5%で成長し、2030年には168億米ドル規模に達すると予測されています。

バイオプラスチックは、再生可能な原料から得られる持続可能な素材であり、石油由来のプラスチックの代替となるものです。また、バイオプラスチックは、二酸化炭素の排出量を30〜70%削減できる可能性があります。これは、カーボンフットプリントの約42%削減に相当します。また、バイオプラスチックの製造に必要なエネルギーは、従来の石油系プラスチックに比べて65%少なくて済みます。世界のバイオプラスチック市場は成長しており、主要企業は現在、研究開発活動の強化と統合に注力しており、それによって生産能力を向上させています。高度な技術的特性と機能性により、様々な用途でバイオプラスチックの採用が大幅に増加しています。バイオプラスチックの需要は、世界中の多くの政府が実施している有利な法規制により、様々なプラスチック用途で驚異的な牽引力を発揮しています。

市場の動向

バイオプラスチックの環境に優しい特性、バイオベースの製品に対する消費者の高い支持、分解可能な包装材料の開発に対する法律上の裏付け、バイオプラスチックの製造に使用される再生可能な原材料の入手可能性などが、バイオプラスチック市場の主要な推進要因となっています。バイオプラスチックの製造はエネルギー効率が高く、従来のプラスチックに比べて65%ものエネルギーを必要としません。また、バイオプラスチックには毒性がなく、簡単に分解できるため、地球や環境に害を与えません。さらに、分解時の温室効果ガスの排出量も少なく、カーボンフットプリントを42%削減します。このような高度な技術的特性と機能性により、コカ・コーラ、ネスレ、ナイキ、フォードなどの大手企業が、さまざまな用途でのバイオプラスチック材料の生産と使用に関心を示しています。飲料水、パッケージ、農業、自動車などの様々な用途で、バイオプラスチックに対するユーザーの関心が高まっています。さらに、バイオプラスチックは有機農業に適した素材でもあります。農家では、生分解性マルチングフィルムを農業や園芸に使用しています。消費者は、食品と一緒に分解することができるバイオプラスチックの包装材を、合成プラスチックの包装材よりも好んで使用しています。さらに、世界各国の政府は、バイオプラスチックの持続可能性と生分解性を促進するために、有利な規制や政策を採用しています。欧州連合(EU)は、バイオプラスチック市場において主要な地位を占めています。さらに、バイオプラスチックの生産に使用される一般的な原料は、トウモロコシ、小麦、マゼラン、サトウキビです。これらは、世界のほぼすべての地域で容易に入手できます。そのため、世界市場における原油価格の変動は、バイオプラスチック市場の成長に影響を与えません。このような要因が、バイオプラスチック市場の成長を大きく支えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]