アプリケーションセキュリティ市場、2030年に339億4,100万米ドル規模到達見込み

市場の概要

アプリケーションセキュリティの市場規模は、2020年に59億7,300万米ドルに達しました。2030年には339億4,100万米ドルに達し、CAGR18.7%を記録すると予測されています。

アプリケーションセキュリティとは、アプリのセキュリティを発見、修正、強化することで、アプリケーションを保護するプロセスです。このプロセスでは、アプリケーションにセキュリティ機能を追加し、不正な変更やアクセスなどの脅威に対するセキュリティ脆弱性を防ぎます。アプリケーションセキュリティには、脆弱性を発見し、ハッカーがそれを悪用する機会を得る前にパッチを適用するという、いくつかの積極的なステップが含まれます。アプリケーションセキュリティ・ソリューションは、顧客データの安全性を確保して顧客の信頼を高めること、機密データの漏洩を防ぐこと、重要な金融機関や投資家からの信頼を高めることなど、企業にとって多くのメリットがあります。

コンポーネント別に見ると、2020年のアプリケーションセキュリティ市場では、ソリューション・セグメントが優位性を示しており、今後もその優位性を維持すると予想されます。このセグメントの成長を牽引しているのは、モバイル・アプリケーションセキュリティやウェブ・アプリケーションセキュリティの需要の高まりです。例えば、インターネットの普及率の高まりや、組織におけるBYODポリシーの導入により、スマートフォン、スマートウェアラブル、ラップトップ、タブレットなどの個人デバイスを使って組織の情報にアクセスする機会が増えています。そのため、モバイルアプリケーションに関するデータ漏洩を防ぐために、アプリケーションセキュリティソリューションの需要が高まっています。

しかし、アプリケーションセキュリティソフトウェアの効果的な機能をプロセス全体で保証するため、サービスセグメントが最も高い成長を示すと予想されています。また、ソフトウェアセキュリティテストに関連する社内のセキュリティ専門家のスキルセットや経験が不足しているため、組織がセキュリティモデルを外部に委託する需要が増加しており、アプリケーションセキュリティ市場の成長を後押ししています。

COVID-19の市場への影響

COVID-19の発生により、前例のない状況下でアプリケーションセキュリティソリューションの需要が高まっています。例えば、多くの企業がセキュリティ対策を在宅勤務システムのエンドポイントセキュリティにシフトしています。また、リソースを持たない企業のセキュリティチームは、Webアプリケーションのセキュリティに関するさまざまな問題に対処するためにこれらのソリューションを採用しており、効果的なアプリケーションセキュリティソリューションの需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]