アルミニウムクラッディングパネル市場、2021年から2030年までCAGR5.2%で成長、2030年に97億710万米ドル規模到達見込み

市場の概要

アルミニウムクラッディングパネルの市場規模は、2020年に58億4,700万米ドルに達しました。2021年から2030年までのCAGRは5.2%を記録し、2030年には97億710万米ドルに達すると予測されています。アルミニウムクラッディングパネルは、建築物の外観を向上させるための被覆材として使用されます。これらのパネルはアルミニウムでできており、建築物を外部のダメージから守るためのカバーやコーティングとして使用されています。アルミニウムクラッディングパネルは、建築デザインの異なる近代的な建物に広く使用され、環境保護とともに建物の外観を向上させます。アルミニウムは耐火性に優れているため、クラッディングパネルに使用されるこれらの材料の需要は増加しています。

市場の成長及び阻害要因

世界的な建設活動の活発化や、魅力的なデザインの建築物への需要の高まりが、アルミニウムクラッディングパネル市場の成長を促進すると期待されています。アルミニウムクラッディングパネルは、現在、住宅や商業プロジェクトで使用されています。都市化や工業化の進展は、経済の急速な発展につながり、アルミニウムクラッディングパネルの需要を押し上げています。現在、中国やインドなどの新興国では、人口の急激な増加に伴い、都市化が進んでいます。そのため、急速な都市化に伴い、政府や消費者による住宅建設やインフラ整備への支出が増加し、アルミニウムクラッディングパネルの需要が大きく伸びています。

同市場では様々な主要プレイヤーが、新たな建設活動に向けてアルミニウムクラッディングパネル製品を設置しています。例えば、Valcan Corporationは2020年11月、2021年にオープン予定のエクセターのSandy Parkにアルミニウムクラッディングパネルを設置しました。このように、アルミニウムクラッディングパネルは内外装に利用されることが予想され、予測期間中の市場成長を後押しすると見込まれています。

また、クラッディングパネルは、建物の躯体や構造、外壁を維持するのに役立つため、需要が拡大すると考えられます。しかし、アルミニウムクラッディングパネルはハリケーンの際にへこみやすいため、市場の成長を妨げる要因となることが予想されます。様々な技術の進歩や建築物の保護に対する意識の高まりが、アルミニウムクラッディングパネルの市場シェアに有利な機会をもたらすと期待されています。

COVID-19の市場への影響

新型コロナウイルスは、様々な国や地域で急速に蔓延し、人々の生活や社会全体に多大な影響を与えています。人の健康に対する危機として始まったこのウイルスは、今や世界の貿易、経済、金融に大きな脅威をもたらしています。COVID-19パンデミックは、世界の主要国での継続的なロックダウンにより、アルミニウムクラッディングパネル市場の多くの品目の生産を停止させています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]