エアスクラバー市場、2021年から2030年までCAGR8.5%で成長、2030年に43億640万米ドル規模到達見込み

市場の概要

エアスクラバー市場は、2020年には18億8,330万米ドル規模となりました。市場は2021年から2030年にかけて8.5%のCAGRを記録し、2030年には43億640万米ドル規模に達すると予測されています。

エアスクラバーは、システム内を循環する空気から不純物を取り除くための浄化フィルターを採用しています。スクラバーは、1時間に何度も汚染された空気を除去すると同時に、化学物質を含まない新しい空気を送り込みます。空気中の粒子を捕捉し、空気の質を改善するポータブルろ過システムは、エアスクラバーとして知られています。室内の空気環境を改善するためにエアスクラバーを使用する分野は数多くあります。清潔で健康的な空気が不足している作業場では、有害な空気中の粒子をろ過するために、ろ過システムが最大の答えとなります。

市場の成長要因及び制約要因

世界のエアスクラバー市場は、大気汚染の深刻化や温室効果ガス排出量の削減に伴う室内空気環境への関心の高まりを背景にしています。その結果、エアスクラバーは様々な商業施設や工業施設で広く使用されるようになりました。さらに、喘息、気管支炎、肺がんなどの呼吸器系疾患の流行が高まっていることも、今後数年間の市場成長の原動力になると考えられます。また、大気質指標基準や温室効果ガス排出規制に適合させるための投資の増加や政府の政策・施策の支援も、予測期間中の市場成長を後押しすると考えられます。しかし、エアスクラバーとその利点についての知識が不足していることは、市場の拡大を妨げる要因となります。さらに、エアスクラバーのコスト高が市場拡大を制限する可能性もあります。

COVID-19の市場への影響

新型コロナウイルスは、様々な国や地域で急速に広まり、人々の生活や地域社会全体に甚大な影響を与えています。人の健康に対する危機として始まったこのウイルスは、今や世界の貿易、経済、金融に大きな脅威をもたらしています。COVID-19パンデミックは、世界の主要国での継続的なロックダウンにより、エアスクラバー市場の多くの品目の生産を停止させています。市場関係者が完全なロックダウンに耐えられるのは限られた期間だけで、それ以降は投資計画を変更しなければなりません。また、COVID-19のワクチンが市場に導入されたことで、COVID-19の感染者数は短期的には減少すると予想されます。さらに、エアスクラバー市場における企業が本格的な生産を再開することで、2022年初頭には市場が回復すると考えられます。COVID-19の感染者数が減少に転じた後、機器・装置メーカーは、緊急事態に対応し、新たな業務方法を確立するために、従業員、業務、供給ネットワークの保護に注力する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]