藻類タンパク質市場、2021年から2028年まで8.9%のCAGRで成長、2028年に7億900万米ドル規模到達見込み

市場の概要

藻類タンパク質の市場規模は、2020年には3億6,140万米ドルとなりました。市場は2021年から2028年にかけて8.9%のCAGRを記録し、2028年には7億900万米ドルに達すると予測されています。2020年にはスピルリナセグメントが市場をリードし、予測期間中もその優位性を維持することが予想されます。

藻類は、クロロフィルを含む水生植物ですが、維管束、根、茎、葉を持たず、淡水と海水の両方に生息しています。藻類の主な種類には、紅藻類、緑藻類、青緑藻類などがあります。また、スピルリナやクロレラのように高タンパクなものもあり、栄養補助食品や機能性食品・飼料として利用されています。藻類は信頼できる有望なタンパク質源であることが証明されており、代替タンパク質として注目されています。

市場の成長要因及び制約要因

米国や欧州などの先進国では、消費者のヴィーガンや植物性食品への関心が高まっていることから、植物性タンパク質に高い支持が集まっています。また、ヨーロッパでは人口の約10%がベジタリアンやヴィーガンであり、今後数年間でその割合は着実に増加すると予想されています。世界中の消費者は食習慣を変えようとしており、植物由来の食品にシフトしています。Googleトレンドによると、「ヴィーガン」への関心は、2014年から2019年にかけて7倍になっています。同様に、米国の人口のうち約1,000万人がヴィーガンです。消費者が肉類の消費を止める主な要因は、倫理的および環境的な懸念です。菜食主義者の増加により、藻類を含む代替タンパク質の需要が増加し、藻類タンパク質市場の成長を促進すると予想されます。

藻類の栽培は、気候条件や空気中の水分量に大きく左右されます。温暖な気候は、水分の蒸発を引き起こし、太い藻類の形成を妨げるため、青緑色の藻類の栽培に影響を与えます。一方、水分量は藻類にミネラルや栄養分を供給する役割を果たします。気候変動は、干ばつや淡水の塩分濃度の変化を引き起こし、その結果、藻類が死滅し、生産能力を阻害します。気候変動による降雨パターンの変化は、激しい暴風雨をもたらし、養殖池から必要な栄養素が失われ、藻類の生産が妨げられることになります。沿岸湧昇は、深海の水を海から地表に押し出し、海底の栄養分を地表にもたらします。この沿岸湧昇は、海底から採取される藻類の生産を妨げます。したがって、様々な気候変動が藻類の栽培に影響を与え、最終的には市場成長にマイナスの影響を与えると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]