建築用ウィンドウフィルム市場、2021年から2030年までCAGR5.2%で成長、2030年に64億米ドル規模到達見込み

市場の概要

建築用ウィンドウフィルム市場は、2020年に39億米ドル規模に達しました。2021年から2030年まで5.2%のCAGRで成長し、2030年には64億米ドル規模に達すると予測されています。

建築用ウィンドウフィルムは、現代的で機能的かつファッショナブルな素材であり、家庭や職場で様々な機能に使用することができます。ポリエチレンテレフタレート(PET)や薄いビニールでできており、滑らかでテクスチャーのないガラスに直接貼ることができます。建築用ウィンドウフィルムは、半永久的または一時的なさまざまな用途に使用することができ、粘着性を有します。ガラスフィルムは、文字や数字などを正確なデザインにカットしたり、写真や会社のブランディングなど人目を引くビジュアルを作成するために印刷することができるため、非常に適応性があります。建築用ウィンドウフィルムは、傷がつきにくい、紫外線に強い、日射量を調整できるなどの特徴があります。建築用ウィンドウフィルムの有効期間は、使用するフィルムの種類、使用するガラスの種類、建築物の窓の構造、ガラスのコンパスの向き、建物の立地条件などによって決まります。

建築用ウィンドウフィルムには様々な種類があります。飛散防止のためにPETを何層にも重ねた透明なものもあれば、可視光線の透過率を低下させたり、太陽からの熱を防ぐために金属や染料、顔料などで着色したものもあります。

建築用ウィンドウフィルム市場は、エネルギー効率の高い建築用ウィンドウフィルムの需要が増加しており、これが予測期間中の市場成長を促進すると予想されています。これらのフィルムは、住宅や商業施設における冷暖房のエネルギー効率を高めるために広く利用されています。中国やインドなどの発展途上国では、工業化や都市化が進んでおり、建築用ウィンドウフィルムの需要が高まっています。

主要な市場区分

世界の建築用ウィンドウフィルム市場は、素材、製品用途、アプリケーション、地域に分かれています。素材別では、ビニール、ポリエステル、プラスチック、セラミック、その他に分類されます。製品用途別では、日射調整、装飾、セキュリティ・安全、プライバシーに分けられます。用途別では、商業用と住宅用に分類されています。地域別では、北米、ラテンアメリカ、EMEA、アジア、GCAに分かれています。EMEAは、中国での商業および住宅建設産業の増加により、最大の市場シェアを占めています。

市場の競合状況

世界の建築用ウィンドウフィルム市場における主要な企業としては、3M、Armolan Architectural Windows Films、Avery Dennison Corporation、Eastman Chemical Company、Garware Suncontrol、Lintec Corporation、Polytronix Inc、Purlfrost Ltd、Saint-Gobain、Solar Control Films、The Architectural window Film Company、Toray Plasticなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]