太陽電池の市場規模、2027年に3億6,040万米ドル到達見込み

太陽電池の市場統計 – 2027年

太陽電池の市場規模は、2019年に1億1,340万米ドル、2020年から2027年にかけて15.5%のCAGRで成長し、2027年には3億6,040万米ドルに達すると予測されています。太陽電池は一般的に、太陽光を蓄電し、必要に応じて放電するために使用されます。太陽電池の素材は、リチウムイオンまたは鉛酸です。太陽電池は充電可能であり、余剰エネルギーを蓄えるために太陽電池システムで一般的に使用されています。太陽電池の主な用途には、太陽光発電の充電ステーション、発電所の蓄電、オフグリッド用の蓄電システムなどがあります。

環境にやさしく費用対効果の高いエネルギーソリューションを求める声が大きくなっていることから、産業用および商業用のエネルギー貯蔵市場の成長が期待されています。さらに、二酸化炭素排出量の削減にも大きな効果があります。世界各国の政府が持続可能なエネルギー源を推進していることから、太陽電池の需要は予測期間中に増加すると予想されます。太陽電池を住宅や商業施設に導入することで、エネルギーを自立させ、所有者の自立性を高めることができます。住宅分野では、小規模なアプリケーションで系統電力の使用量を削減することができます。このアプローチにより、月々の電気代をさらに削減することができ、新しい消費者を惹きつけることができます。さらに、再生可能エネルギー貯蔵ソリューションに対する業界関係者の関心が高まっていることから、予測期間内に新たな投資が確保されると予想されます。例えば、2020年にイタリアの電池事業者の1社が、2022年から23年にかけて95MWの太陽電池を受注しました。

さらに、イギリスやポルトガルなどの国では、太陽電池ストレージの容量オークションを奨励しています。このような動きは、市場の成長にプラスの影響を与えるでしょう。しかし、太陽電池の初期導入コストと高いメンテナンスコストが、業界関係者にとって大きな課題となっています。現段階では、太陽電池貯蔵は政府の税額控除や補助金制度に大きく依存しています。また、システムの水は毎日交換する必要があり、水は蒸留水でなければなりません。このような要因から、太陽電池の用途は小規模な住宅地に限られています。

それにもかかわらず、ブロックチェーンやAI技術を用いたエネルギー取引が盛んになってきたことで、新たな市場機会が生まれました。これにより、太陽電池や太陽光発電システムの所有者は、余剰エネルギーを輸出し、プレミアム価格で販売するという新たな機会を得ることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]