パーソナルモビリティデバイスの市場規模、2027年に145億9,176万米ドル到達見込み

パーソナルモビリティデバイス市場の概要

パーソナルモビリティデバイスの市場規模は、2019年には77億4,777万米ドル、2020年から2027年にかけて7.1%のCAGRで成長し、2027年には145億9,176万米ドルに達すると予測されています。パーソナルモビリティデバイスは、人間の移動を個別に容易にするものです。これらの機器には手動式と動力式があり、一般的には移動障害を持つ患者が歩行のために使用します。これらの機器には、歩行器、車いす、ローラー、杖、松葉杖などがあります。

パーソナルモビリティデバイス市場は、携帯性やアクセスのしやすさなど、機器の技術的進歩により、予測期間中に大きな成長が見込まれています。また、世界的に冠動脈疾患、心不全、糖尿病、関節リウマチ、変形性関節症などの慢性疾患が増加していることも、市場の成長を後押ししています。また、ケガや病気にかかりやすく、医療支援を必要とする高齢者の人口が世界的に増加していることも、パーソナルモビリティデバイス市場の成長に貢献しています。しかし、これらの機器のコストが高いこと、専門知識が限られていること、パーソナルモビリティデバイスの使用に伴う合併症があることなどが、予測期間における市場成長を妨げる主な要因となっています。一方で、患者の移動に関連する医療機器技術の進歩や、世界の新興国におけるパーソナルモビリティデバイスの需要の急増は、近い将来の市場成長に有益な機会を提供すると予想されます。

COVID-19の影響

COVID-19のパンデミックにより、全国的にロックダウンが発生し、あらゆる産業分野に影響を与えています。同様に、パーソナルモビリティデバイス市場もパンデミックの影響を受けています。パーソナルモビリティデバイス業界は、COVID-19の影響により、パーソナルモビリティデバイス部品の需要と供給に対応するための新たな課題に直面しています。さらに、一貫性のない中断されたサプライチェーン活動や人材の不足が、パーソナルモビリティデバイス市場の成長にマイナスの影響を与えることが予想されます。さらに、慢性的な障害や身体的な障害を持つ患者は、COVID-19の蔓延を抑えるための社会的な距離を置く規制やガイドラインを守ることができません。例えば、障害者は、介護者や医療ヘルパーの継続的な支援を必要とするため、自己隔離は不可能です。その結果、介助者自身にとっても脅威となってしまいます。このことは、エンドユーザーのパーソナルモビリティデバイスの使用に大きな影響を与えています。さらに、パンデミックの影響で、閉鎖や輸送の制限が厳しくなり、エンドユーザーがこれらの機器にアクセスする能力にも影響が出ています。これらの理由により、パンデミックの期間中は市場の成長に悪影響を及ぼすことが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]