血液培養検査市場、2027年に81億8,615万米ドル到達見込み

血液培養検査市場の概要

血液培養検査市場は、2019年に39億米ドルを生み出し、2020年から2027年にかけて9.3%のCAGRで成長し、2027年には81億8,615万米ドルに達すると予測されています。血液培養検査は、血液中の真菌や細菌などの微生物の存在を検出するための手順です。これにより、血流感染症の原因となる菌を診断し、適切な治療法を提供します。血液培養検査は、化学分析や全血球計算などの他の診断検査と一緒に行われることが多いです。

老人人口の増加、感染症や血流感染症(BSI)、敗血症の増加、診断検査の需要の急増などが、世界の血液培養検査市場の成長を促進する主な要因です。世界保健機関(WHO)の報告書によると、敗血症による死亡者数の85%が低・中所得国で発生していることが確認されています。 加えて、血液培養検査の需要の急増、感染症予防のための医療意識の高まり、血液培養検査製品の開発・製造に対する政府の取り組みの増加、様々な医療企業による研究開発活動への投資の増加などが、市場の成長に貢献しています。例えば、バイオテック企業であるF. Hoffmann-La Roche Ltd.は、2019年に研究開発に92億7,000万米ドルを投資しました。さらに、血液培養検査製品を含む先進的な診断製品の開発・製造に有利な規制環境が実施されていることも、予測期間中の市場の成長を後押しすると考えられます。しかし、自動化された血液培養検査機器のコストが高いことや、熟練した専門家や検査技師の不足が市場の成長を妨げると予想されています。しかし、新技術の導入が急増していることから、予測期間中、世界の血液培養検査市場の拡大に有益な機会がもたらされると考えられます。

米国保健社会福祉省(HHS)が発表したデータによると、米国では過去1年間にメディケアへの加入率が約20%増加しました。しかし、2018年の受給者における敗血症関連の入院率は40%の上昇が見られました。毎年、約27万人の米国人が敗血症のために死亡しています。これにより、今後数年間、血液培養検査の需要が促進されると予想されます。さらに、技術の進歩により、ライフサイエンスに応用されているバイオテクノロジー企業のLuminex Corporationは、30のターゲットを持ち、CTX-M-ESBL(CefiTaXime Extended Spectrum Beta-Lactamase)のグラム陰性に対する6種類の耐性遺伝子の結果を提供するVerigeneを発売しました。このように、医療分野での新技術の導入が進んでいることが、血液培養検査市場の成長を後押ししています。

血液培養検査市場のセグメント

世界の血液培養検査市場は、製品、方法、用途、地域に分けられます。製品別では、消耗品、器具、ソフトウェア・サービスに分けられます。方法を基準にすると、市場は従来型と自動化に細分化されます。アプリケーションでは、バクテリア、真菌、その他が対象となっています。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、英国、フランス、スペイン、イタリア、ロシア、その他の欧州)、アジア太平洋(日本、中国、インド、オーストラリア、韓国、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]