デジタル印刷の市場規模、2028年に357億1,000万米ドル到達見込み

デジタル印刷市場の展望 – 2028年

デジタル印刷の市場規模は、2019年に257億4,000万米ドル、2021年から2028年にかけて3.7%のCAGRを記録し、2028年には357億1,000万米ドルに達すると予測されています。デジタル印刷システムは、コンピュータソフトウェアを使用して概念化された電子ファイルを印刷に使用する革新的な印刷技術です。デジタル印刷では、PDFやJIPなどのデジタルフォーマットを使用して画像を伝送し、紙、布、セラミックなどのメディア表面に印刷します。デジタルプリントは、PDFやJIPなどのデジタルフォーマットを用いて、紙や布、セラミックなどのメディアに画像を印刷するもので、最終メーカーは画像のデザインや制作プロセスを効率化することができます。インクジェット印刷では、熱による気泡形成技術を利用してインクを表面に吐出し、特定のデザインを形成します。さらに、インクジェット印刷は、効率的な素材の3次元印刷を可能にします。

デジタル印刷方式は、費用対効果が高く、正確で、短期間でのカラー印刷を可能にするよう設計されています。デジタル印刷システムは、オフセット方式に比べて高品質な仕上がりの製品を提供するように設計されたデバイスです。名刺、レター、ダイレクトメールなどのカスタマイズされたマーケティング資料を、従来の方法に比べて最も手頃な価格で提供します。また、デジタル印刷は生産サイクルを短縮し、その結果、最終製品をより早く提供することができます。

デジタル印刷業界は、柔軟性とコスト効率の高さを理由に、パッケージングやペーパーセクターでレーザーやインクジェット印刷ソリューションが急速に採用されていることから、予測期間中に成長が見込まれています。世界のデジタル印刷市場は、IoTやAIベースの技術の導入が急増していることによって牽引されると予想されています。さらに、家電製品でのデジタル印刷の使用が増えることで、スマートサーモスタットの需要が高まると予想されます。これらの要因を考慮すると、世界のデジタル印刷市場は将来的に急成長を遂げると推定されます。

製薬、ヘルスケア、パッケージング、ラベル業界における持続可能な印刷ソリューションの急増と、コスト効率の高い印刷方法への需要は、世界のデジタル印刷市場の成長を促進する要因の一つです。しかし、発展途上国におけるデジタル印刷工場の初期投資の高さが、この市場の大きな課題となっています。さらに、中小企業向けの印刷技術の革新が、世界のデジタル印刷市場に有利な機会を提供しています。

COVID-19の出現により、2020年の市場の成長率は低下し、2021年末までは比較的緩やかな成長が見込まれています。建設業界でCOVID-19が大流行したことにより、食料の確保、安全衛生対策、成果物、契約上の義務、プロジェクトの遅延や中止など、いくつかの障害が発生し、市場は大きな打撃を受けました。その結果、世界のデジタル印刷市場の需要が減少しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]