電子パスポートの市場規模、2028年に1,251億3,000万米ドル到達見込み

電子パスポートの市場規模は、2019年に245億7,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて27.5%のCAGRで成長し、2028年には1,251億3,000万米ドルに達すると予測されています。電子パスポートは、パスポートのページに印刷された電子チップで、保有者の名前、生年月日、その他の文字情報など、さまざまな種類の情報が含まれています。また、この技術では、固有の識別番号とデジタル署名を持つスマートチップに乗客データを保存します。さらに、従来の紙媒体による技術よりも安全で、データの複製や改ざんのリスクを低減できることから、欧州の多くの国が電子パスポートを採用しています。

電子パスポート市場の成長を促進する主な要因としては、身分詐称を検出するための高度な検証技術の増加や、発展途上国における高度な空港インフラの存在などが挙げられます。また、国境を越えて旅行する人の数が増えていることも、世界の電子パスポート市場の成長を後押ししています。しかし、導入コストの高さが市場の成長を妨げています。 一方で、旅行業界における無線通信技術の導入の増加は、予測期間中の世界市場の拡大に有益な機会を提供すると期待されています。

2019年の電子パスポート業界では、中国、日本、インドなどの発展途上国で電子パスポートサービスを可能にしたRFIDチップの導入が増加していることから、RFID(Radio Frequency Identification)セグメントが優勢であり、予測期間中もその優位性を維持すると予測されています。さらに、生体認証は、ID詐欺の脅威が減少し、旅行者の個人情報のセキュリティを向上させる必要性が高まっていることから、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されています。

地域別に見ると、2019年の電子パスポート市場は欧州が独占しており、予測期間中もその地位を維持することが予想されます。これは、英国やドイツに先進的な空港インフラが存在することや、旅行中のスマートフォンの使用が増加していることに起因しています。しかし、アジア太平洋地域は、発展途上国での需要の増加、同地域での電子パスポートに関する有利な政府政策の増加、様々な発展途上国の空港での電子パスポート用スマートゲートの導入などにより、予測期間中に大きな成長率を示すと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]