輸送用コンテナ改造市場、2027年に1,145億8,830万米ドル到達見込み

輸送用コンテナ改造市場は、2020年から2027年までのCAGRが6.6%を記録し、2019年の765億2,220万米ドルから、2027年には1,145億8,830万米ドルに達すると予想されています。出荷用コンテナは、船、トラック、列車などの貨物コンテナを構築するために使用されます。この改造された輸送用コンテナは、ベースキャンプ、倉庫、オフィス、商業目的に使用されます。改造された輸送用コンテナは、設置が容易で、輸送も容易であり、費用対効果も高いです。

環境への影響から建築物を保護する必要性の高まり、政府によるグリーンビルディングコンセプトへの注目の高まり、スペースに制約がある場合の輸送用コンテナの必要性、大都市でのコンパクトな輸送用コンテナの必要性などが、改造輸送用コンテナの成長を促進すると予想されます。また、手頃な価格の住宅建設への関心の高まりや、持ち運びができ、短時間で建設でき、移動が容易であるなどの特徴を持つ改造輸送コンテナのニーズの増加は、世界の改造輸送コンテナ市場に有利な成長機会を提供すると予想されます。また、都市部では、従来のコンテナハウスに比べてコストがかからないことから、安価な生活を実現するために輸送用コンテナの改造に注目が集まっています。2018年、米国政府の住宅プログラムでは、輸送用コンテナ住宅の建設に約1,000万米ドルの資金提供が行われました。また、アフリカやインドなどの発展途上国では住宅が不足しており、世界の輸送用コンテナ改造市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

さらに、米国、日本、英国などの先進国では、グリーンビルディングコンセプトの構築、設計、設置に焦点を当てたイニシアチブを実施していました。この輸送用コンテナは、費用対効果が高く、エネルギー効率に優れた建築用コンテナであるという特徴があり、これが世界の輸送用コンテナ改造市場の成長を促進しています。 しかし、改造された輸送用コンテナは、従来のセメントハウスに比べて寿命が限られており、その寿命は最大で30年です。 輸送用コンテナは、外部環境の変化から室内の建築物を保護することができ、これらの改造輸送用コンテナには適切な断熱材が使用されているため、ロシア、スイスなどの寒冷地における輸送用コンテナの需要を押し上げる要因となっています。さらに、改造された輸送用コンテナは、従来の建築に使用される他の建築材料よりも安価であることも、輸送用コンテナの需要を高める要因の一つです。  

また、米国、日本、フランス、カナダなどの先進国では、都市人口の増加や工業化が進んでおり、スペースの問題、移動可能、輸送の容易さなどの特徴から、輸送用コンテナの需要が高まっています。 輸送用コンテナは、コンパクトで場所を選ばないため、世界の輸送用コンテナ改造市場の成長を牽引しています。しかし、極寒・極暑の地域では、暖房・換気・空調システムを設置する必要があり、これが市場の成長を妨げると予想されています。逆に、新築需要の高まりや、手頃な価格の住宅構造への関心の高まりは、輸送用コンテナ改造市場に有利な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]