火災保険市場、2028年に1,204億9,000万米ドル到達見込み

2019年の火災保険市場規模は584億9,000万米ドルで、2021年から2028年にかけて11.9%のCAGRで成長し、2028年には1,204億9,000万米ドルに達すると予測されています。

火災保険とは、保険契約者と保険会社の間で交わされる契約で、保険契約者の財産に発生した火災による損失や損害をすべてカバーするものです。火災事故は予期せぬものであり、火災の発生、爆発、水槽の破裂などにより、企業や住宅など、どこでも瞬時に発生する可能性があります。これらの要因は、甚大な破壊をもたらし、契約者を経済的なリスクにさらすことになるため、消費者の間で火災保険の必要性が高まっています。火災保険は、一般的に住宅所有者の保険契約に含まれる財物補償の一種であり、火災によって財物に生じた損害を補償するものです。

Economic Timesによると、2021年2月21日、損害保険業界が徴収した保険料は前年比6.7%増となりました。この成長は、火災保険と健康保険の収益が増加したことによるものです。さらに、安定した成長を維持するために、2021年4月1日からはすべての火災保険商品に「All India Fire Tariff, 2001」が適用され、すべての条件、条項、保証、保険証券、裏書の文言が保険会社間で統一され、アンダーインシュアランスの放棄を促進することで保険契約者に利益をもたらしています。これは、契約者が自分のリスク認識に応じて火災保険商品を購入することを意味しています。

世界の火災保険市場の成長を促進する主な要因としては、保険契約に対する需要の増加、不確実性の増大に備えた経済的安全性に対するニーズの高まり、不動産の数の急増などが挙げられます。また、火災保険に関する認知度の低さや、保険料の高さが市場の成長を妨げています。さらに、既存の製品やサービスラインに技術を導入することや、火災保険政策に関する政府の取り組みが、予測期間中の市場拡大に有利な機会を提供すると考えられます。

標準補償分野は、財物の実際の現金価値を上限として損害を補償し、事故以外の請求に対する経済的な安全性を提供することから、予測期間中、火災保険市場で大きなシェアを占めると予想されます。しかし、オプション補償分野は、一度の保険料で商品の全額を補償し、盗難、紛失、破損の場合には交換を保証することから、予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されます。

地域別に見ると、2019年の火災保険市場の売上高は北米が圧倒的に多く、予測期間中もその地位を維持することが予想されます。この地域の市場成長を促進する主な要因として、Allstate Insurance Company、USAAなどの主要プレイヤーの存在が挙げられます。また、この地域では、落雷、爆発、事故、怪我、他人の所有物への損害などの発生率が高く、火災保険の導入を促進しています。 しかし、アジア太平洋地域は、建設・不動産活動の増加により、予測期間中に大きな成長率を示すことが予想されます。さらに、アジアにおける国際火災安全基準は、インフラへの投資を増加させ、特定の基準を提供することで火災安全の最低レベルの一貫性を高める規制を策定することに重点を置いており、この地域の市場に有利な機会を提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]