ジェットミルの市場規模、2027年に1億8,570万米ドル到達見込み

ジェットミルの市場規模は、2020年から2027年にかけて4.9%のCAGRで成長し、2019年の1億3,870万米ドルから2027年には1億8,570万米ドルに達すると予想されています。ジェットミルやジェットパルベライザーは、1~10ミクロンの平均粒子径を粉砕することができます。ジェットミルは、高圧・圧縮空気を利用して粒子間に高速の衝突を発生させ、一次粒子径を小さくするプロセスです。粒子間の衝突により、粒子径が大幅に小さくなります。ジェットミルは、化学品、医薬品、セラミックス、ポリマーなどの砕けやすい、あるいは脆い素材に広く使用されています。

化粧品やライフスタイル産業の急成長により、ジェットミルの需要が急増すると予想されます。現在、化粧品業界は、様々なメイクアップ製品やヘルスケア製品の需要が増加しているため、大幅に成長しています。ジェットミルでの粉砕は衛生的にも優れているため、化粧品業界での使用に適しています。このように、化粧品業界の需要拡大がジェットミル市場の成長を牽引すると考えられます。また、製薬業界の需要拡大もジェットミル市場を牽引する大きな要因の一つです。ジェットミルは、医薬品や有機・無機顔料の製造に多く採用されています。ジェットミルで薬剤を微粉化すると、人体への溶解性が向上し、薬剤の効力が高まり、投与量を減らすことができます。このように、製薬業界からの需要の伸びがジェットミル市場の成長を促進すると期待されています。

しかし、ジェットミルの効率性の低さが、ジェットミル市場の大きな阻害要因となっています。ジェットミルは、空気を生成するために高いエネルギーを必要とするため、小規模なユーザーにとっては不経済となります。これがジェットミル市場の成長を妨げています。さらに、COVID-19のパンデミックにより、2020年には閉鎖が長期化し、産業界の操業が停止しています。このことは、ジェットミルの生産に影響を与えただけでなく、エンドユーザー市場からの需要を減少させ、2020年のジェットミル市場の成長を阻害しました。

逆に、工業グレードのジェットミルの技術開発やジェットミルに関する認知度の向上は、ジェットミル産業の成長の機会を生み出すと予想されます。また、ジェットミル製品を開発するための研究開発施設への支出が増加していることも、予測期間中の市場成長を促進すると考えられます。

世界のジェットミル市場は、タイプ別、エンドユーザー産業別、地域別に分類されています。タイプ別では、スパイラルジェットミル、流動層対向型ジェットミル、その他に分類されます。エンドユーザー産業別では、化学、製薬、鉱物、その他に分類されます。容量別では、200kg/h未満、201~1000kg/h、1000kg/h以上に分類されています。

地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、フランス、イタリア、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分類されています。2019年にはアジア太平洋が最大の市場シェアを占め、LAMEAは予測期間を通じて最も速いペースで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]