ワイヤレステストの市場規模、2028年に168億米ドル到達見込み

ワイヤレステスト市場の展望 – 2028年

ワイヤレステストの市場規模は、2019年の104億8,000万米ドルから2028年には168億米ドルに達すると予想され、2021年から2028年にかけて6.9%のCAGRで成長しています。ワイヤレステストは、接続技術を用いて他の機器やネットワークと接続し、操作タスクを実行する能力を持つデバイスを評価します。いくつかの無線機器は、規制遵守、機器の相互運用性、性能、ユーザーの安全性を検証するために、一連のテストを実行してテストされます。

現在、インターネットに接続されているデバイスの数は人よりも多く、今後数年間でその数は増加すると予想されています。また、スマートデバイスやワイヤレスデバイスの普及にはリスクが伴い、その多くはハッカーに悪用される可能性のあるセキュリティ上の脆弱性を含んでいます。スマートデバイスやワイヤレスデバイスのメーカー、インテグレーター、ブランド/小売業者としては、サイバーセキュリティ、相互運用性、干渉、信頼性、健康・安全性、環境性能など、いくつかの重要なリスクに対処しながらデバイスを市場に投入する必要があります。

企業は、より高速にサービスを提供するために、ネットワークを常時稼働させるために、ネットワークリソースに多くの時間と投資を費やしています。また、無線ネットワークテストは、ビジネスアプリケーションをより高速に実行するための帯域管理を行うネットワークシステム全体を分析する最も安価な方法です。例えば、ビューローベリタスとキーサイトのコラボレーションにより、GCFやPTCRBで検証された無線周波数、無線リソース管理(RRM)、パフォーマンスのテストケースに対応することができます。ビューローベリタスは、レギュレーション試験、グローバルマーケットアクセスサービス、ワイヤレスコンフォーマンステストのフルスイートを提供しており、モジュール開発者、デバイスメーカー、5Gテクノロジーインテグレーターは、ビューローベリタスのテクニカルコンピテンスセンターからグローバルマーケットアクセスサービスを利用することができます。

ワイヤレステスト市場の成長を促進する要因としては、スマート家電の普及、無線技術の進歩、スマートデバイスの使用率の上昇などが挙げられます。さらに、新興国でのスマートデバイスの導入の増加は、ワイヤレステスト市場の成長機会を生み出します。さらに、人口の増加やインターネットの普及率の上昇なども、スマートデバイスの需要を押し上げる主な要因となっています。しかし、熟練した人材の不足や高コストが市場成長の妨げになると予想されます。一方で、IoT(Internet of Things)技術の導入が進んでいることから、予測期間中、ワイヤレステスト業界の拡大に有利な機会がもたらされると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]