排煙システムの市場規模、2027年に1億9,640万米ドル到達見込み

排煙システム市場の概要

排煙システムの市場規模は、2019年に1億2,860万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは10.5%で、2027年には1億9,640万米ドルに達すると予測されています。潜在的に危険な物質を含む煙は、電気外科手術による組織の切断や凝固、超音波の使用時に発生します。排煙システムは、主に臭気を低減し、活性炭バリアを通して煙を捕捉する役割を果たします。これらのシステムは、病院の手術室で行われる開腹手術や腹腔鏡手術の際に、煙をろ過し、エアロゾルを含んだ空気を抽出します。

排煙システム市場の成長は、患者の低侵襲手術への関心の高まりや、腹腔鏡手術、整形外科手術、美容整形手術、ボトックス治療などの増加が主な要因となっています。これらの手術では、レーザーを使用しているため、手術中に煙が発生し、患者や外科医に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、病院や診療所では、手術室から煙や手術の煙を除去するために排煙装置を使用するケースが増えており、このことが世界的に市場の成長を促進すると考えられます。さらに、市場の著名なプレーヤーは、排煙製品を世界中の複数の病院で競争力のある価格で入手できるようにすることで、排煙製品に関する認知度の向上に努めています。これらの要因により、近い将来、市場の成長が見込まれています。しかし、市場の成長を妨げているのは、排煙システムの使用に関する技術的な問題と、熟練した専門家の数が限られていることです。一方で、世界中で電気外科手術の導入が進んでいることは、排煙システム市場の成長に有益な機会を提供すると期待されています。

COVID-19の影響

COVID-19のパンデミックは、全国的なロックダウンを引き起こし、それによってあらゆる産業分野に影響を与えています。同様に、排煙システム市場もこのパンデミックの影響を受けています。COVID-19のパンデミックにより、排煙システム業界は、排煙システム部品の需要と供給に対応するため、新たな課題に直面しています。また、各国の政府が病院や診療所に課した規制により、美容医療などの選択的治療が延期されています。このような状況は、市場の成長に悪影響を及ぼすことが予想されます。一方、いくつかの調査によると、COVID-19ウイルスはエアロゾル中に約3時間残留することが確認されています。このため、手術中にエアロゾルや煙の粒子を除去して感染リスクを低減するために、手術室で排煙システムを使用するケースが増えています。この要因は、パンデミックの期間中、排煙システム市場の成長を促進すると予想されます。

製品別レビュー

製品別には、吸煙器、吸煙ペンシル、吸煙フィルター、吸煙チューブ、吸煙アクセサリーに分類されます。吸煙フィルターは、電気外科手術、腹腔鏡手術、美容整形手術、歯科手術などでの使用が急増していることから、分析期間中、最大の成長分野になると予想されています。International Society of Aesthetic Plastic Surgery(ISAPS)が発表したデータによると、2017年から2018年にかけて、形成外科および美容外科の手術件数は最大5.4%増加しています。さらに、これらのフィルターは、病院、診療所、医療施設における手術プルーム内の化学物質、ガス、発がん性、変異原性のあるウイルスやバクテリアの危険性への暴露を低減するのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]