眼科薬市場、2027年に581億3,492万米ドル到達見込み

眼科薬市場の概要

眼科薬の市場規模は、2019年に364億8,848万米ドルを売り上げ、2020年から2027年にかけて5.6%のCAGRで成長し、2027年には581億3,492万米ドルに達すると予測されています。眼科薬は、白内障、緑内障、色覚異常、糖尿病黄斑浮腫、サイトメガロウイルス(CMV)網膜炎、加齢黄斑変性症(AMD)などの眼疾患の治療を目的とした製剤です。

高齢者人口の増加、緑内障、白内障、黄斑変性症などの眼疾患の増加、眼科薬の需要の急増、様々なヘルスケア企業による研究開発活動への投資の増加などが、世界の眼科薬市場の成長を促進する主な要因となっています。さらに、眼科薬の需要の急増、目の病気のリスクを防ぐための健康管理に対する意識の高まり、さまざまな組み合わせの眼科薬の開発・製造に対する政府の取り組みなどが、市場の成長を後押ししています。しかし、眼科薬の製造・処方にかかる時間の長さや、眼科薬に伴う副作用が、予測期間中の市場成長を制限すると考えられています。

眼科薬市場のセグメント

眼科薬市場は、適応症、タイプ、剤形、流通チャネル、治療クラス、地域に分けられます。適応症別では、ドライアイ、緑内障、感染症・炎症・アレルギー、網膜障害、その他に分けられます。また、網膜疾患分野は、ウェット型加齢黄斑変性症、ドライ型加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症、その他に分類されます。タイプ別では、医療用医薬品と一般用医薬品に分類されています。剤形によって、液体眼科用剤形、固体眼科用剤形、半固体眼科用剤形、その他の眼科用剤形に分類されます。流通チャネル別では、病院薬局、ドラッグストア、オンライン薬局、その他に区別されます。治療クラス別では、抗緑内障、抗感染症、抗炎症、抗アレルギー、その他に分類されています。

地域別では、北米、欧州(ドイツ、英国、フランス、スペイン、イタリア、ポーランド、その他欧州)、アジア太平洋(マレーシア、ベトナム、タイ、フィリピン、その他アジア太平洋)、中東(UAE、サウジアラビア、パレスチナ、ヨルダン、バーレーン、カタール。アゼルバイジャン、ジョージア、イラク、パキスタン、クウェート、イスラエル、カザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギス、トルクメニスタン、その他の中東地域)、北アフリカ(エジプト、モロッコ、チュニジア、アルジェリア、リビア、その他の北アフリカ地域)、その他の地域(ブラジル、その他の地域)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]