水力タービンの市場規模、2027年に15億米ドル到達見込み

水力タービンの市場統計 – 2027年

水力タービンの市場規模は、2019年には9億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは5.7%で成長し、2027年には15億米ドルに達すると予測されています。水力タービンは水車とも呼ばれ、水の運動エネルギーを機械的エネルギーに変換します。水がタービンを通過する瞬間、水はブレードにぶつかり、機械的エネルギーを生み出します。そして、システム内の水力発電機がこの機械的エネルギーを電気的エネルギーに変換します。一般的に水車はリアクションタービンとインパルスタービンに分類されます。リアクションタービンは水頭が高いときに作動し、インパルスタービンは水頭が低いときに作動します。しかし、リアクションタービンはインパルスタービンよりも効率が悪いです。水力タービンは、主にクリーンで持続可能なエネルギーの生産に使用されます。

再生可能エネルギーへの需要が急増していることが、水力タービン市場の成長を促進すると期待されています。世界各国の政府は、従来の電力源とは異なり、二酸化炭素の排出量を削減できる持続可能なエネルギー源を推進しています。さらに、ランオブリバー、低揚程タービン、小水力発電所などの様々な技術が普及することで、市場の需要が増加すると予想されます。ランオブリバーでは、大規模な水力発電所とは異なり、川からの流水を発電所まで誘導します。また、貯水池やダムを必要としないため、インフラコストの削減にもつながります。

さらに、老朽化した石炭や化石燃料の発電所を再生可能エネルギーの発電所に置き換えることは、市場の成長を促進する大きな要因の1つです。 また、業界関係者の水力発電への関心の高まりにより、予測期間中に新たな投資が確保されることが期待されています。しかし、水車の初期導入コストは高く、水力発電所の建設には限られた場所しか適していません。また、水力発電所の設置場所が都市部から離れていることもあり、水力発電を利用できないこともあります。さらに、大洪水の際には、ダムや貯水池の故障により、近隣の町や場所に深刻な被害をもたらす可能性があります。したがって、このような要因が水力タービン市場の成長を妨げています。

しかし、政府の様々な取り組みや補助金は、市場関係者に有利な機会をもたらすことが期待されています。例えば、2014年に米国議会は、2005年のエネルギー政策法第242条に基づき、水力発電の生産奨励のための資金を承認しました。この法律によると、業界関係者は、発電したキロワット時(kWh)あたり最大1.8セント、年間最大75万ドルの支払いを受けることができます。また、再生可能エネルギー発電税控除制度では、1kWhあたり最大1.1セントの税控除を受けることができます。

世界の水力タービン市場の分類

世界の水力タービン市場は、製品、定格、エンドユーザーに基づいて分類されています。製品別では、リアクションとインパルスに分類されています。定格では、小型(1MW未満)、中型(1MW~10MW)、大型(10MW以上)に分類されています。エンドユーザー別では、産業用、商業用、住宅用に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]