センサー市場規模、2028年に3,457億7,000万米ドル到達見込み

センサー市場の展望 – 2028年

2019年のセンサー市場規模は1,666億9,000万米ドルで、2021年から2028年にかけて8.9%のCAGRを記録し、2028年には3,457億7,000万米ドルに達すると予測されています。センサーは、イベントや環境の変化を検知して、それに対応する出力を提供するデバイスです。光、熱、動き、水分、圧力などの物理的な入力を感知し、ディスプレイに出力したり、電子的に情報を送信したりして、さらなる処理を行います。主な用途は、洪水・水位監視システム、環境監視、交通監視・制御、人工照明の省エネ化、遠隔システム監視・機器故障診断、精密農業・動物追跡などです。

センサーは、ほぼすべての産業分野で使用されていますが、家電製品での使用率が最も高く、次いで自動車、IT・通信分野となっています。スマートフォンには、加速度センサー、ジャイロスコープ、環境光センサー、近接センサー、温度センサーなどのセンサーが搭載されており、パラメータを追跡し、自動制御のための集中システムを提供しています。

世界のセンサー市場は、予測期間中に大きな成長が見込まれています。センサー市場は、携帯機器や高度なヘルスケア機器における温度センサーや近接センサーの採用の増加、産業界におけるモーションセンサーやポジションセンサーの採用などの要因により、成長が見込まれています。しかし、センサーをSoC(System On Chip)に搭載する際のスケーラビリティや信頼性の問題が、世界市場の大きな阻害要因となっています。また、ジャイロスコープや加速度計の家電製品への採用が増えていることや、ジェスチャー認識、バイオメトリクス、モーション・センシングなどの革新的なアプリケーションと相まって、センサー産業にチャンスをもたらすと期待されています。

セグメント概要

世界のセンサー市場の動向は、タイプ、技術、エンドユーザー、地域など様々なセグメントで分析されています。タイプ別では、レーダーセンサー、光学センサー、バイオセンサー、タッチセンサー、イメージセンサー、圧力センサー、温度センサー、近接・変位センサー、レベルセンサー、モーション・ポジションセンサー、湿度センサー、加速度計・スピードセンサー、その他のセンサーに分類されます。技術別では、CMOS、MEMS、NEMS、その他に分けられます。エンドユーザー別では、エレクトロニクス、IT・通信、産業、自動車、航空宇宙・防衛、ヘルスケア、その他に分類されています。

地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、その他欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、韓国、その他アジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)の各地域に分類されています。アジア太平洋地域は、自動車生産の急増、産業の自動化、エレクトロニクス分野の成長により、予測期間中に最も高い成長率が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]