北米の廃棄物管理市場規模、2027年に2,293億米ドル到達見込み

北米の廃棄物管理市場規模は、2019年の2,080億米ドルから2027年には2,293億米ドルに達し、2020年から2027年にかけて5.3%のCAGRを記録すると予想されています。廃棄物管理とは、廃棄物の収集、保管、取り扱い、リサイクル、使い捨て、堆肥化、輸送などに用いられる概念です。廃棄物管理は、コレラ、下痢、デング熱などの人間の病気を避けるために必要です。廃棄物収集サービスとは、廃棄物の収集、輸送、回収、保管、分別、処理を指します。一方、廃棄物処理サービスは、廃棄物のリサイクル、埋立て、廃棄物の組成などに分離する活動のことをいいます。

急速な都市化と工業化により、大量の廃棄物が発生することが予想され、この廃棄物を管理するためには、インテリジェンスな廃棄物管理システムが必要であり、これが北米の廃棄物管理市場の成長を促進すると予想されます。例えば、メキシコの都市化は2019年には80.44%、2018年には80.16%となっています。 人々の再生可能な廃棄物管理システムに関する環境意識の高まりや、CO2排出量の増加は、廃棄物管理市場の成長機会を生み出すと予想されます。

SUEZ Environmental Services、Clean Harbors Inc.、Waste Management Inc.などの大手企業は、廃棄物管理サービスのサービスポートフォリオを向上させるための重要な戦略として、買収、事業拡大、契約を採用しています。例えば、2021年1月、Covanta Holding Corporationは、ニューヨーク州のTown of North Hempsteadとパートナーシップを締結しました。このパートナーシップは、廃棄物をエネルギーとして利用することを目的としており、年間14万トンの処理能力を有しています。このパートナーシップは5年の期間で行われ、最大10年まで延長される予定です。

米国、カナダ、メキシコでは膨大な量の廃棄物が発生しているため、北米の廃棄物処理市場は成長しています。加えて、有害廃棄物や都市ごみなどの膨大な廃棄物が市場の成長を促進しています。例えば、米国環境保護庁が発表したデータによると、2017年にアメリカ人が排出した都市固形廃棄物は約2億6,780万トンで、そのうち約6,700万トンがリサイクルされ、27トンがコンポスト化されており、これはリサイクル率35.1%に相当します。また、野焼きや不法投棄に対する政府の規制が厳しく、市場の成長を促進しています。さらに、温室効果ガスの排出を抑制するための国レベルの規範や規制の導入も、市場の成長を促進すると考えられます。例えば、環境保護庁(EPA)によると、不法投棄に関する法律が改正され、米国政府は廃棄物の不法投棄や焼却に対して一人当たり7,500ドルを請求しました。このような事例は、市場の成長を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]