高所作業車の市場規模、2027年に143億5,170万米ドル到達見込み

高所作業車市場の展望-2027年

高所作業車の市場規模は、2020年から2027年にかけて7.7%のCAGRで成長し、2019年の92億7,290万米ドルから2027年には143億5,170万米ドルに達すると予想されています。高所作業車(AWP)は、空中リフト、移動式昇降作業台(MEWP)、チェリーピッカーなどの名称で知られ、建設、倉庫、改修、保守、公共事業などのエンドユーザー産業で使用されています。高所作業車は、人員を適切な高さまで昇降させるために特別に設計されており、昇降中は安定した安全な基盤を提供します。高所作業車は、屋内外を問わず使用することができ、高い汎用性と効率性を備えています。

コンパクトで汎用性の高い高所作業車は、建設業界での需要が急増しています。アーティキュレーテッドブームリフト、テレスコピックブームリフト、シザーリフトなどは、コンパクトで持ち運びが容易なため、屋内外の建設作業に適しています。さらに、高所作業車は安定した作業環境を提供することで、建設現場での事故や死亡者数の減少に貢献しており、従来の足場に比べて優れた選択肢となっています。このように、建設業界からの高い需要が、高所作業車市場の成長を促進すると考えられます。また、中国では、インフラ整備や製造業の急速な発展に伴い、高所作業車の需要が高まっています。さらに、中国のメーカーが高所作業車の生産に注力していることも、高所作業車市場の成長を促進すると考えられます。

しかし、高所作業車の操作に熟練した人材がいないことが、高所作業車市場の成長を抑制すると予想されています。高所作業車は高度な技術を必要とするため、オペレーターのトレーニング不足が事故につながる可能性があります。そのため、低開発国や発展途上国では高所作業車の導入率も著しく低いです。また、COVID-19の感染拡大によりあらゆる産業が混乱しており、政府による閉鎖や不安定な経済状況により、高所作業車の需要が減少し、高所作業車市場の成長を妨げています。さらに、建設や物流・輸送活動の停止も、2020年の高所作業車の需要に影響を与えています。

逆に、新しいバッテリー技術の開発は、近い将来、電動式高所作業車の需要を押し上げると予想されます。エンジン式高所作業車の屋内での使用が制限され、排出ガス規制が強化されたことで、完全電動式およびハイブリッド式高所作業車に新たな機会がもたらされ、高所作業車市場の成長につながる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]