中古車市場規模、2027年に1兆3,551億5,000万米ドル到達見込み

中古車市場の統計 – 2027年

中古車市場は、2019年には8,282億4,000万米ドルとなり、2020年から2027年までのCAGRは8.3%を記録し、2027年には1兆3,551億5,000万米ドルに達すると予測されています。車種別では、2019年にSUVセグメントが最も収益に貢献し、3,386億1,000万米ドルを占め、予測期間中のCAGRは7.80%を記録し、2027年には5,339億米ドルに達すると予測されています。

中古車とは、再販可能な車のことです。フランチャイズや独立系の自動車ディーラー、レンタカー会社、オークション、プライベートパーティーでの販売、リース会社など、さまざまな店舗が中古車を販売しています。

ミレニアル世代の自動車保有率は、自動車にかかる費用や自家用車の維持費が高いために低くなっています。また、ミレニアル世代は自動車にかかるコストを削減したいと考えているため、旅行には主に中古車を選択します。さらに、多くの人々が高額のために新車を購入できないため、市場での中古車の売上が増加しています。これにより、業界関係者は、市場でのディーラーネットワークを確立するために、さまざまな投資を行うことができます。

新車価格の高騰、購入容易性への懸念、フランチャイズやリース会社、カーディーラーによるオフリース車やサブスクリプションサービスへの需要の高まりなどの要因が、中古車市場の成長を後押ししていると考えられます。しかし、中古車の販売が組織的に行われておらず、正規化されていないことが世界市場の成長を妨げています。さらに、電子商取引やオンライン技術の出現、新興国での組織的/準組織的な販売の着実な増加、世界中での電気自動車ビジネスの増加、カーシェアリングサービスの需要は、中古車市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

COVID-19の影響分析

世界的なCOVID-19の流行により、各国は新旧の自動車の需要を一時的に減速せざるを得ませんでした。さらに、世界的な景気後退が消費者に影響を与え、その結果、自動車の販売が減少しましたが、感染の危険性や社会的な距離を保つために、世界中の人々が公共交通機関を避けるようになりました。さらに、世界中の人々の大半は、ロックダウン後に自動車を購入することを計画しています。例えば、cars24のレポートによると、消費者は公共交通機関よりも自家用車を利用することを好むため、タクシーや公共交通機関から自家用車への移行が進んでいます。パンデミックの影響で苦境に立たされている自動車会社もありますが、中古車市場では、所得の低下、資金不足、社会的距離を保つための自家用車への嗜好の高まりなどの理由により、一部の国で販売台数が大幅に増加しており、COVID-19の流行時には中古車業界にプラスの影響を与えると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]