公共安全向けIoTの市場規模、2027年に296億8,000万米ドル到達見込み

公共安全向けIoT市場の洞察 – 2027年

公共安全向けIoTの市場規模は、2019年に118億7,000万米ドル、2020年から2027年にかけて12.4%のCAGRで成長し、2027年には296億8,000万米ドルに達すると予測されています。IoT技術はあらゆる分野に浸透しており、多くの政府機関や法執行機関が自国の治安向上のためにIoTデバイスを採用する様々な戦略を実施していることが背景にあります。また、政府がIoTデバイスを利用する主な目的は、洪水などの様々な自然災害から受ける損失を、IoTデバイスを利用して災害の発生を事前に予測することで削減することです。これにより、一般市民の間でIoTデバイスの導入が進み、市場の成長を促進しています。

COVID-19の発生は、公共安全向けIoT市場の成長にプラスの影響を与えました。これは、政府・公共機関、製造業、医療機関などのさまざまな業界で、組織とその従業員のセキュリティと安全性を向上させるためにIoTデバイスが急速に導入されているためです。世界中の多くの主要産業が、パンデミックの際に従業員に安全で安心な職場環境を提供するために、サーモグラフィやIoT対応の監視装置を導入しています。

発展途上国におけるスマートシティプロジェクトの急増や、機械学習やAIを活用した公共安全ソリューションの導入の増加が、世界の公共安全向けIoT産業の成長を後押ししています。また、世界各地で自然災害やテロ攻撃が増加していることも、公共安全向けIoT市場の成長にプラスの影響を与えています。しかし、スマートデバイスを導入するための高い導入コストと予算の制約が、市場の成長を妨げると予想されます。一方で、様々な業界でIoT技術の導入が進んでいることから、予測期間中に市場拡大のための収益機会を提供することが期待されています。

タイプ別に見ると、2019年の公共安全向けIoT市場は、監視システムセグメントがリードしており、予測期間中もその優位性を維持すると予測されています。アジア太平洋地域やLAMEA諸国の発展途上国では、交通活動の管理・制御のためにビデオ監視のニーズが増加しており、このセグメントの市場成長を後押ししています。しかし、自然災害による経済的損失が増加していることや、災害の早期警告を得るために各国で災害管理システムの導入が義務付けられていることから、災害管理分野が予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されています。

地域別に見ると、2019年の公共安全向けIoT市場は北米が独占しており、予測期間中もその地位を維持することが予想されます。これは、様々なスマートシティプロジェクトの展開が急増していることや、政府機関が公共の安全とセキュリティのためのIoTデバイスの重要性を認識していることに起因しています。しかし、アジア太平洋地域では、新しいスマートシティプロジェクトを統合するために、監視システム、ハイテク通信ネットワーク、高度なカメラなど、さまざまなIoTデバイスの導入がアジア太平洋地域の発展途上国で増加していることから、予測期間中に大きな成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]