航空機装備品の電動化市場、2027年に46億1,269万米ドル到達見込み

航空機装備品の電動化市場の統計 – 2027年

航空機装備品の電動化市場は、2019年に18億9,020万米ドル、2027年には46億1,269万米ドルに達し、15.5%のCAGRを記録すると予測されています。

航空機は、観光、物流、防衛などの様々な産業の要求に応じて、世界中で商品や乗客の輸送に利用されています。航空機には莫大な調達コストのほか、膨大なメンテナンスコストや運用コストがかかるため、企業の投資額の中で航空機は非常に大きな割合を占めています。また、航空機は騒音や、二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOX)、硫黄酸化物(SOX)、未燃炭化水素(HC)などの大気汚染物質を排出し、環境に悪影響を及ぼします。航空会社は、従来のジェット燃料を使用した航空機がもたらす環境問題を克服し、世界の航空規制当局が課す制限や規制を遵守するために、航空機の機能を部分的または全体的に電動化することを採用しています。この技術は、油圧や空圧の動力を徐々に電気に置き換えるもので、航空機の質量、燃料消費量、温室効果ガス排出量、組み立てコスト、メンテナンスコストの削減に役立ちます。

イノベーションの増加と新しい航空機技術の開発は、予測期間中、世界の航空機装備品の電動化市場の成長を促進すると予想されます。例えば、2019年6月、ハネウェルインターナショナル社は、コンパクトなフライ・バイ・ワイヤシステムを発表しました。このコンパクトなシステムは、航空機内の重いプッシュロッド、コントロールケーブル、または油圧装置を不要にし、航空機の安定性を高めることができます。さらに、航空業界のマーケットリーダーたちは、油圧・空圧・機械式システムの欠点を克服するために、より多くの電気式システムを導入しています。例えば、ボーイング787ドリームライナーでは、従来のブリードエア機能の動力源を電力に置き換える独自のノーブリードシステムアーキテクチャが導入されました。ノーブリードシステムの導入により、787エンジンの消費電力を空圧システムに比べて35%削減することができ、航空機の効率をさらに高めることができます。

航空機装備品の電動化市場のセグメント

航空機装備品の電動化市場は、航空機システム、アプリケーション、航空機タイプ、エンドユーザー、地域に基づいて分類されます。航空機システムに基づいて、市場は推進システムと機体システムに分けられます。アプリケーションに応じて、発電、配電、電力変換、エネルギー貯蔵に細分化されます。航空機の種類に基づいて、市場は固定翼と回転翼に分類されています。エンドユーザーに基づいて、市場は民間と軍事に分けられます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]