ドローンカメラ市場規模、2027年に253億9,000万米ドル到達見込み

ドローンカメラ市場統計 – 2027年

ドローンカメラ市場は、2019年に33億3,000万米ドル、2027年には253億9,000万米ドルに達し、29.9%のCAGRを記録すると予測されています。

政府及び地方自治体は、人が集まらないように監視するためドローンの使用を選択しました。また、政府は、より広い範囲を監視できるドローンの供給に関して、さまざまな企業と多数の契約を結んでいます。街頭での監視に加えて、当局はドローンを使ってメッセージやロックダウン措置に関する情報を放送しています。特に、健康情報のためのオープンな通信チャネルがない農村部では、ドローンが使われています。

ドローンカメラとは、ドローンに搭載され、飛行中に動画を撮影したり、写真を撮影したりするための装置です。ドローンカメラは、商品や食品の配送、特定地域の監視、赤外線撮影など、さまざまな業務に利用されています。さまざまな業界でのドローンの使用が増加していることから、ドローンに搭載される高解像度カメラの需要が高まっています。このカメラは、より広い範囲から効率的に高品質の画像を撮影することができます。また、国防予算の増加に伴い、各国政府は、DJi、GoPro、Controp Precision Technologies Ltd.などのドローンおよびコンポーネントメーカーと契約を結び、より優れた先進的な製品を提供することが可能となり、これが世界全体のドローンカメラ市場の成長を支えています。

世界のドローンカメラ市場の成長に貢献している主な要因は、技術的に先進的な製品の導入とドローン市場の有望な成長率が世界のドローンカメラ市場の成長を補っていることです。しかし、プライバシーやセキュリティへの懸念、高解像度の衛星画像の利用が市場の成長を阻害する要因となっています。一方で、新興国でのドローン需要の高まりや、GPS、LiDAR、マッピングサービスなどのドローンカメラの応用分野の増加は、予測期間中の世界市場の成長に有利な機会を提供すると期待されています。

世界のドローンカメラ市場は、タイプ別、アプリケーション別、解像度別、エンドユーザー別、地域別に分類されます。タイプによって、市場はSDカメラとHDカメラに分類されています。対象となるアプリケーションは、写真・ビデオ撮影、サーマルイメージング、監視などです。解像度に応じて、市場は12MP、12~20MP、20~32MP、32MP以上に分類されます。エンドユーザー別では、商業用、軍事用、国土安全保障用に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]