生体吸収性ステントの市場規模、2027年に3億890万米ドル到達見込み

生体吸収性ステント市場の概要

生体吸収性ステントの市場規模は、2019年には2億8,360万米ドル、2020年から2027年にかけて5.6%のCAGRを記録し、2027年には3億890万米ドルに達すると予測されています。

ステントは、血管を拡張し、血管の閉塞を防ぐために体内管に挿入される医療機器です。生体吸収性ステントは、自然溶解性ステントとも呼ばれ、体内に吸収される素材で構成されており、血管や内管を拡張して疫病の沈着による閉塞を解消する働きをします。これらのデバイスは、薬剤を溶出させた後、一定の時間が経過すると体内で溶解するように設計されています。

高齢者人口の増加、心血管疾患の有病率の上昇、経皮的冠動脈形成術(PCI)の急増、患者や医師による生体吸収性ステントの適応の増加などが、世界の生体吸収性ステント市場の成長を促進する主な要因です。さらに、ステント技術の進歩、低侵襲手術への需要の高まり、生体吸収性ステントの開発・製造に対する政府の取り組みの増加などが、市場の成長を促進しています。例えば、米国疾病管理予防センター(CDC)によると、2017年の世界の冠動脈性心疾患の有病率は約1,820万人で、10人に2人は冠動脈性心疾患が原因で死亡しています。心疾患(主に冠動脈疾患と末梢心疾患)の発生率の増加は、生体吸収性ステントの需要を促進し、ひいては市場の成長を促進すると予想されます。また、心血管疾患の増加や経皮的冠動脈形成術(PCI)の普及に伴い、不健康な食生活や運動不足が世界的に問題となっています。しかし、ステント治療にかかる費用が高額であることや、生体吸収性ステントの使用に伴うリスクが、市場の成長を妨げると予想されます。

生体吸収性ステント市場のセグメント

生体吸収性ステント市場は、生体材料、用途、エンドユーザー、地域に分けられます。生体材料別に見ると、市場は高分子ステントと金属ステントに分けられます。用途別に見ると、市場は冠動脈疾患と末梢動脈疾患に二分されます。エンドユーザー別では、病院と心臓センターに分類されています。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、英国、フランス、スペイン、イタリア、ロシア、その他欧州)、アジア太平洋(日本、中国、インド、オーストラリア、韓国、その他アジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分類されています。

セグメントレビュー

生体材料の種類別に見ると、2019年の世界の生体吸収性ステント市場では、炎症反応が少なく、薬剤が完全に溶出し、関連する合併症のリスクが低いことから、さまざまな企業、医師、患者によるポリマー製ステントの使用が増加しているため、ポリマー製ステントセグメントが優勢であり、予測期間中もこの傾向が続くと予想されています。高分子ステントは、再狭窄やステント内血栓症のリスクが低い新しい生体吸収性ステントの開発に向けて、現在も研究が進められています。しかし、金属製ステントの分野は、予測期間中に大きな成長が見込まれています。これは、メタリックステントが経皮的腎瘻造設術に使用される代替ソリューションであることに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]