内視鏡的逆行性胆管膵臓造影の市場規模、2027年に18億7,675万米ドル到達見込み

内視鏡的逆行性胆管膵臓造影の市場規模は、2019年に12億1,294万米ドルとなり、2019年から2027年にかけて5.6%のCAGRを記録し、2027年には18億7,675万米ドルに達すると予測されています。

内視鏡検査は、体組織や内臓を詳細に観察したり、小手術を行ったりするための臨床プロセスです。内視鏡的逆行性胆管膵臓造影(ERCP)装置は、膵臓から胆道系に関連する疾患を対象とした医療機器です。バレット病、胆道系疾患、大腸炎、クローン病、胃食道逆流症(GERD)、肝臓疾患、膵臓炎、炎症性腸疾患、クローン病、消化性潰瘍など、さまざまな胆管や膵臓、肝臓の疾患が急増していることから、これらの装置の重要性が増し、採用されています。

COVID-19のパンデミックは、内視鏡サービスに世界的に大きな影響を与えています。さらに、この感染症は接触や飛沫によって感染します。したがって、内視鏡検査を行う医療従事者は、感染拡大が主に直接の接触やエアロゾルの飛沫を介して行われることや、内視鏡検査の手順では患者と担当者の物理的な距離が短いことなどから、パンデミックの間、非常に大きなリスクに直面しています。SARSの経験をもとにした香港の報告では、感染のリスクは、医師で5%、看護師で4%、医療補助者で8%とされています。この報告書では、厳格な隔離、感染防止対策、個人防護具(PPE)の使用を守ることの重要性が強調されています。したがって、内視鏡的逆行性胆管膵臓造影法の市場は、COVID-19のパンデミックによってマイナスの影響を受けています。

世界の内視鏡的逆行性胆管膵臓造影(ERCP)市場の成長は、バレット病、胆道疾患、大腸炎、クローン病、胃食道逆流症(GERD)、肝臓疾患、膵炎、炎症性腸疾患、消化性潰瘍疾患などの消化器疾患や慢性胆道疾患の発生率の上昇が主な要因となっています。また、高齢化社会の到来に伴い、肝臓や膵臓の良性腫瘍が急増しており、疾患治療のためのERCPに使用される機器に関する認識が高まっています。しかし、ERCPによる治療には高額な費用がかかり、ERCP後の膵炎などの副作用が内視鏡的逆行性胆管膵臓造影市場の成長を妨げると予想されています。一方、新興国では、医療インフラが整備されていることから、高い成長が見込まれています。

内視鏡的逆行性胆管膵臓造影(ERCP)市場は、製品タイプ別に、内視鏡、内視鏡治療器、イメージングシステム、エネルギー機器、その他に分類されます。さらに、内視鏡治療機器は、括約筋トーム、結石破砕器、ステント、カニューレ、鉗子、スネア、カテーテル、ガイディングワイヤー、バルーン、バスケット、その他に分けられます。用途別では、胆道括約筋切開術、胆道拡張術、胆道ステント留置術、膵臓括約筋切開術、膵管拡張術、膵管ステント留置術に分けられます。エンドユーザー別では、病院・診療所、外来手術センター、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。2019年には、北米の内視鏡的逆行性胆管膵臓造影の市場が最大のシェアを占め、次いで欧州が続きますが、予測期間中はアジア太平洋地域が最も高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]