大麻検査の市場規模、2027年に24億4,500万米ドル到達見込み

大麻検査市場の概要

大麻検査の市場規模は、2019年に10億2,900万米ドル、2027年には24億4,500万米ドルに達し、11.9%のCAGRを記録すると予測されています。

大麻検査とは、大麻の個々のサンプルを検査して、THC、CBD、テルペンのレベルを決定するだけでなく、残留溶剤、カビ、病気、害虫、残留農薬などの汚染物質や不純物がないかを調べることができる分析を指します。各州や自治体は、大麻のラベルに記載されるべき検査項目について、独自の基準や規制を設けることができます。さらに、個々の生産者は、より厳しい基準を選び、CBCとCBGレベルのサンプルを検査することもできます。この検査は、認定された化学者や検査技師のみが行うことができます。以前は、数年間にわたって世界中で大麻の栽培と販売が禁止されていました。現在では、多くの国で大麻の薬用効果が認められ、禁止措置が解除されています。

COVID-19パンデミックの突然の発生は、製薬・ライフサイエンス業界にプラスとマイナスの影響を与えています。機器、消耗品、試薬などの需要の低下や、サプライチェーンの混乱、貿易制限などにより、特定の市場セグメントがより深刻な影響を受けました。全般的には、世界各地のラボが閉鎖されたり、生産能力が低下したりしました。全面的または部分的に営業していたラボでは、通常の業務を行わず、主にCOVID-19の検査に取り組んでいました。医療用大麻市場は、試験所の閉鎖、サプライチェーンの混乱、全般的な景気後退、移動の制限などの要因により、一部の収益を失いました。また、大麻検査業界に製品やソフトウェアを提供している多くの市場関係者は、検査機関の閉鎖、大麻検査の実施件数の減少、大麻検査製品の輸出入に対する一定の規制などにより、機器や消耗品の販売が減少しました。これらの要因により、大麻検査業界で使用される消耗品や機器の売上が減少し、大麻検査市場の成長が阻害されています。これは主に製品の購入が減少したことによるもので、その後、大麻検査業界の製品・消耗品分野の成長に影響を与えています。

いくつかの国で医療目的で大麻が合法化されたことによる需要の急増や、大麻検査ラボにおけるLIMSの導入の増加が、大麻検査市場の成長を促進する主な要因となっています。さらに、大手企業同士の共同研究も市場の成長を後押しすると予想されます。しかし、大麻検査施設の立ち上げコストの高さが、市場の成長を抑制すると予想されます。これらの検査機関は、高額で高度な分析機器を調達・維持するために多額の投資をしなければなりません。逆に、LATAMやアジア太平洋地域などの発展途上地域の新興経済圏は、将来的に大麻検査市場のプレーヤーに新たな機会を提供することが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]